unsuspected monogram: March 2010 Archives

hachi, typhoon ministers, Cojok, unsuspected monogram 4組での関西3日間ツアー無事終了。
神戸→京都→大阪と3夜にわたるライブ。京都はこっぺぱんバイオレンスが参加。大阪は矢印Aurora Sleepを迎えて。

ともかく。貴重な体験だった。もう何十年も音楽を続け、ライブも数え切れないほどやってきたが、今回のツアーは自分の経験の中でも希なケース。
僕自身にとって今最も”旬”なバンドに声をかけてみたら、すぐに快い返事をもらえて実現したツアー。

[ typhoon ministers ]
ピアノ・ボーカルのシライシさんと、ドラム・ボーカルのマサコさんによるデュオ。
確かMySpaceで知り合い、半年以上前にCDを送ってもらいそれ以来ずっと聴き続けているグループ。ポップでキュートでちょっと変テコで。。。その楽曲の出来の良さ、二人ボーカルの強み、編成の特殊さ、等どこをとってもオリジナルな二人。今回は2曲だけ僕がベースで参加。楽しかったです。
typhoon1.jpgのサムネール画像
typhoon2.jpgのサムネール画像

[ hachi ]
言わずと知れた(?)大好きな hachi。すでに意外なほど長いつきあいになる。ステージの上でハツエさんの笑顔を見る度、まるで寒い日に暖かい太陽の光を浴びるような気持ちになる。そう言えば、僕がピンクパンダー(ハツエさんがやっていたhachiの前のバンド)に声を掛けるきっかけになったのは「太陽」と言う楽曲だった。
天才ギタリスト、ユーゾー君はもちろんいつもスゴイし、正式メンバーになったドラムのシーサー、驚くほど良くなっていた。更にパワーアップしていた hachi。そしてもちろんハツエさんのボーカル、ベースも冴え渡っていた。
hachi_20100328.jpgのサムネール画像
hatsue_bass.jpgのサムネール画像


[ Cojok ]
語尾の"k"は発音せずに"コジョ"と読むそうです。
以前MySpace上で知り合い、その音楽性にノックアウトされていたのだけど無理を承知で今回声を掛けてみたらすぐに快諾をいただけた。
初めて見る cojok。とんでもないものを見・聴いてしまった感じ。
vocal Kco(彦田恵子)さんの圧倒的な歌唱力、ライブパフォーマンスも含めた表現力の高さ。Synth(track) GuitarのAse(阿瀬さとし)さんのとんでもないセンスの良さ、完璧な音の構築。この二人に usus 全員あえなくダウン! 音楽人生中、最上級の衝撃を与えてもらえました。感謝!
cojok1.jpgのサムネール画像
cojok2.jpg

[ unsuspecet monogram ]
今回の3日間ツアー、unsusにとっては初のツアー。実りの多いライブだったと思う。当然の様に移動前から盛り上がりそのテンションのままステージに立てたみたいな。他のバンド・グループからの刺激も受けつつ、自分らなりに頑張れたと思います。ただの”巧い人達”では無く、バンドとして成長できたのじゃないかな。
アンコールもいただいた二日目のステージ、あの延長上に目指すものが明確に見えてきたように思う。
takura1.jpg
ottomegane.jpg

色々なエピソードはあれど、ともかく全員が本当にいい人で楽しく、お互いにきちんと評価し尊敬しあい、楽しみあい。最高の時間でした。

二日目の打ち上げ時、unsus たっくらの誕生日だったので僕が毎晩作り続けている twaud.io 上での「おやすみ音楽」"Goodnight_to_followers" をその場で制作。みなで大合唱。
uchiage20100328.jpg

翌日はツアーが終わってしまう淋しさを曲に託し、楽屋でみんなで楽曲制作。hachi ハツエさんが歌詞を手掛け、cojok Aseさん、unsus Ottoがシンセを担当、typhoon ministers シライシさんがピアノを弾いてくれて、cojokのKcoさん、シライシさん、ハツエさんが歌って一曲完成。みんなの手に掛かって仕上がった一曲、すごくいい歌。

この一曲が見事に象徴してくれている様な素晴らしいツアーでした。
仕組んでくれたハツエさん、本当にありがとう!
また是非やりましょうね。



夏の関東ツアーに向けて動き出しました。乞うご期待!

ámé

| | Comments (6) | TrackBacks (0)
unsus_jacket_front.jpg
art work by otoya sakuma


unsuspected monogram の1st. CDが出来上がって来た。[ ámé ] と言うCDタイトルは一曲目の曲名から。
[ 自主制作盤。販売はまずはライブ会場及びホームページ(予定)にて ]

ベーシック・トラックを録音したのはすでに一昨年のクリスマス。その後少しずつのんびりと形にし、最近やっとミックスを終えマスタリングをしたCDが昨日納品された。

こんなに時間を掛けて録音作品を作るのは希だ。と言うか初めてだ。
理由のひとつはメジャーでは無いので、リリース時期もタイミングも特に決まっていないこと。それと「本当にこれでいいかな?」といつまでもどこか踏ん切りが付かなかったこともあるかも知れない。そして今回一番自分にとって大切だった理由は、じっくり納得できるまで少しずつ作り込む音楽制作を追求してみたかったことだ。

音楽の仕事を始めて早35年ほど経つだろうか。その間、音楽を作ることが”仕事”なので当然仕事には締め切りも予算も色々な計画なども絡む。全てがタイムライン上で進行する音楽制作になる。
よほどヒットしたアーティストですらこの流れの制約からはなかなか逃れられない。彼らもまた仕事として音楽を選んでいるから。

しかし音楽を商業から外れて芸術的制作物と捉えると事態は全く変わる。
できる時にできる事を地道にやって行けばよい。期限など要らぬ。お金に換える必然も無い。自分の中の制作(創作)の衝動とだけ向き合って進行させればよい。

幸いにして、同時に不幸にして。音楽家としてある程度の実績と成功を得たが故に、ほぼ全ての関わる音楽制作は”仕事”として成立させざるを得なかった。やっている内容はもちろん創作的活動であり、決して卑下されるべき音楽では無いと思うが、例えそうであっても仕事としてのタイムライン上にあることはいつも明確だ。
ずっと音楽の仕事を続け、そこだけはいつまでも葛藤が残る。

話しが長くなってしまうので端折るが、そんなことが今回の unsuspected monogram の制作の基本方針として自分の中にあった。
このバンドは商業には結びつかないかも知れない。でも自分達で自分達のいいと思える音楽その方法を自由に手にすることだけはできる。そのために始めたようなものかも知れない。

長時間かけ自分でミックスした。現代のテクノロジーのおかげだ。いつでもやりたい時に前回やった作業の続きを始められる。過去のスタジオでは考えられなかった自由がある。この方式はさっきも述べた理由で仕事ではなかなか使えない自由な流れの作業だ。
そしてマスタリングを初めてやった。いいか悪いかはわからない。自分ではいいかなともちろん思っているが。

バンドのコンセプトを考え、曲を書き、演奏をし、ミックスをし、マスタリングもやり。その全ての流れを自分でプロデュースした。プロデューサーになって30年ちょっと、やっとここまでできるようになったのかなと思う。

すごくいいバンドのすごくいいCDができた。Thanks for SO-kun !

About this Archive

This page is a archive of entries in the unsuspected monogram category from March 2010.

unsuspected monogram: December 2009 is the previous archive.

unsuspected monogram: August 2010 is the next archive.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01