player: October 2009 Archives

picking angle

| | Comments (9) | TrackBacks (0)
NeckUp.jpg NeckDown.jpg

ピッキングに関しては諸説紛々、様々な解釈がある事を前提として。
まず写真左が、いわゆる『逆アングル』と呼ばれる弦へのピックの当て方。(一時期雑誌等で「佐久間式ピッキング」などと言われてもいた)ピックのネック側が上向いて居るので、説明しやすくするために以後 [Neck Up]と表記。
対して右の写真『正アングル』(?)と呼ばれるのかな?ピックのネック側が下がっているので以後 [Neck Down]と表記。

さて、僕にとっては12才でギターを始めた当初から [Neck Up]でのピッキングが当たり前。
{ その前に説明を。本来は弦に対し水平に当て、真っ直ぐ振り抜くのが基本なのだけれど、実際にはアップダウン(オルタネイトと呼ばれる)するので、その場合アップがとても難しくなる。なのでピックを弦に対し少し傾けた方が演奏はしやすくなるのが理由 }
ところがいつの頃からか、それとは逆のピックの当て方をする奏者が増えて来た。すると雑誌等で、僕が当たり前と思っていた奏法が『逆』アングルと呼ばれだす。

当時雑誌などでよくピッキング講座の様にして解説したり語ったりしていたのだけれど、おそらくそういう風に変化して来た理由は、ヘビーメタルとパンクの影響ではないかと思われる。メタルでの歪ませたバッキング特有の「ザグザグ」した音を出すには、明らかに [Neck Down] が有利。かつピッキング・ハーモニクスも出しやすい。
そしてパンクでの雑なピッキング及びギターを低く構えた時 [Neck Down]の方が手首が楽になるのもひとつの理由かと思われる。

具体的な音の違いは、通常[Neck Up]の方が太い音(しっかり振動させやすい=基音がしっかり出る)を出しやすい。細い弦に移っても音色変化に対し有利。逆に [Neck Down]だとどうしても音が細く、しっかりしにくい。細い弦の音が更に細くなりやすい。(手首が回転運動になるので)

簡単に書くとそういう違いなのだが、これがレコーディングとかの場になると如実に音が違う。当然良い音・よりしっかりした音を求められるので、僕のプロデュースワークのほとんどと言ってもいいくらいのギタリスト ・ベーシスト達のピッキングにアドバイスをして来た。結果、ほとんどのプレイヤーの音は改善されたと思う。

長くなってしまうのであまり詳しくは書けないけれど、そういうお話し。

ところが!! 昨夜突然今までやったことも無かった奏法を発見!
[Neck Down] でも [Neck Up] と全く同じ音が出せることを初めて体験。弾いている自分でさえ全く区別のつかない音を出せるようになってしまった。
これを伝えることができれば、無理にピックの持ち方を変えさせたりしなくとも、音を改善して行くことができる訳なのだけど、さ〜て、どう説明したらいいのだろう。
今のところ自分でも説明のしようが無い奏法。見た目では全く違いがわからない弾き方なのに、音はまるで違うのだから。

秘密は『親指』の使い方にある!とだけ書いておきましょう。

さ〜て、更に修行の道へ入って行くしかあるまいね。

About this Archive

This page is a archive of entries in the player category from October 2009.

player: August 2009 is the previous archive.

player: November 2009 is the next archive.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01