live: August 2010 Archives


【unsuspected monogram at basement bar / shimokitazawa】


ブログ書くのだいぶ遅くなってしまいましたが、CircularTone Recordsのお披露目関東ツアー3日間無事終了しました。出演アーティストの方々、スタッフ、関係者の方々本当にありがとうございました。

7/24 ~ 26の3日間。秋葉原グッドマンを皮切りに西川口ハーツ、下北沢ベースメントバーまで一気にライブ三昧。各ライブ、hachi, Cojok, タイフーンミニスターズ, unsuspected monogramのCircularTone4グループに加え、24日のゲストにMerpeoples, str@ay。25日のゲスト str@ay, ウラニーノ。そして最終日ゲスト Merpeoplesを迎えての楽しい日々。

Merpeoplesは今一番と言っていいくらい好きなバンド。ボーカルのシャルロットの歌・メロディ・言葉・ギター。それに真っ向から勝負する(?)ディストーション・キーボード。しなやかなのに妙に強さのあるリズム隊。70年代後期から80年くらいにニューヨークあたりで演っていそうなサウンド。とてもニューウェーブでとてもポップ。

str@yはもう10年以上前にプロデュースしていたグループ。ボーカル安田ヒカルのシニカルなくせにポップな楽曲・歌と清水吉一君のポップ・アイドル的(?)なギター。あの音楽性にしてはアイドルっぽい評価。そこのバランスがいつも面白く、大好きなバンドだった。

そしてウラニーノ。今回も出演者含め皆に感動を届けてくれた北関東バンド。いつ会ってもやっぱり大好きだなと実感してしまう3人のメンバー。今回も本当にありがとう!

そんなゲストを迎えてのライブ。動員はまだまだこれからだけれど、音楽的内容としてはとても充実していたと思う。
CircularToneの4グループもゲストもそれぞれに強力な個性を持ち、かつ音楽的にバッティングする部分が全く無い関係性。3時間超のライブをずっと飽きずに楽しめるバンド達。どのグループも当然優劣など付けられるはずも無い素晴らしい演奏だった。

こんな音楽があります。と日本中に、いや世界中に届けられたら、届けて行こう!
また楽しいイベントを企画して行きます。各バンドも積極的に動いて行くと思います。

まだまだスタートしたばかりのヒヨッコのCircularTone Recordsだけど、グルグルと循環しながら大きなサークルを描いて行きます。