live: January 2010 Archives

360100129_ufoclub.jpg
今日は東高円寺UFO CLUBで早川義夫さんとのライブ。

twitterで発言していたら、見事くつしたさんをフィッシング成功!

今日は久しぶりに『水を得た魚』ぽいギターを弾けた様に思う。何故なら・・・。
壊れたと思っていた Maestro Clone Fuzz が復活したから!!

このFuzz があるか無いかで精神的に大きな違いなので良かった〜。

unsuspected monogram、春の関西ツアー詳細が決まりました。
僕の大好きなバンドと回ります。二度とあり得ない組み合わせだと思いますので関西圏の方、是非お越しを!!


unsuspected monogram Kansai Tour with hachi, typhoon☆ministers, cojok
『春咲き亀鳴く曲水の宴』

3/26(金)神戸三ノ宮チキンジョージ
出演:hachi, typhoon ministers, Cojok, unsuspected monogram
OPEN 18:00 START 19:00
TICKET(前売)¥2000+飲食代¥1000別 (当日)¥2500+飲食代¥1000別

3/27(土)京都 七条アフタービート
出演:hachi, typhoon ministers, Cojok, unsuspected monogram, こっぺぱんバイオレンス
OPEN 18:00 START 18:30
TICKET ¥2000(1drink込)前売なし、当日のみ

3/28(日)大阪 南堀江ネイブ
hachi, typhoon ministers, Cojok, unsuspected monogram, Aurora Sleep, YAZIRUSHI
OPEN 17:30 START 18:00
TICKET(前売)¥1800+1drink別(当日)¥2300+1drink別

nhk hall

| | Comments (0) | TrackBacks (0)
trio.jpg 今日は早川義夫さんとNHKの番組収録でNHKホールに出演。久しぶりに大きいステージ、熊坂るつこさんも一緒。

朝早めの入り。と言っても10:30 なので決して早くは無いのだけど、普段13時から仕事を始める僕にはやはり早めのスタート。

NHKホール出演は昨年のGLAY (Takuro's day)以来。
ここは他のどこのホールとも違う独特の雰囲気がある。言ってしまえば「あくまでNHK」なのだけど、何と言うか『完璧なまでの管理のされ方』と『妙に無法地帯な感じ』が同居している。
他の現場と比べると”異様に人が多い”。国営放送ならでは? が故に見事に統率され、ことは時間通り・予定通りにきちんと進行する。でも人が多い故に誰に何を伝えればいいのか、誰が何をやっているのかが全く伝わってこない。ともかく不思議空間。いつでも「紅白歌合戦」な雰囲気とでも言おうか。
でもどういうわけか落ち着く。


11:05 からきっちりサウンドチェック。14:00から遅れずにカメリハ(通しリハ)。18:30から押さずに本番前説開始。そんな流れ。

カメリハ後早川さん、るつこさんと外出。3人でアップルストアに出向き、その後お茶。
早川さんは初めてのヴァン・ショー(vin shaud = ホット・ワイン)を注文。気に入っていた様子。
るつこさんはホット・チョコレートとレモンケーキ。僕はミルク・ティーにキャロット・ケーキ。

yoshio_vin_shaud.jpg with_rutsuko.jpg

カフェ併設の店で服を見たりしながらゆっくりと時間をつぶす。が、突然全員iPhoneで Twitter に熱中!そこからの時間の経ち方の早いこと。あっというまに休憩時間が終わり会場に戻り本番待ち。


どんな演奏になったかはテレビでご覧下さい。2月20日(土)21:00 からの番組です。出番は3組目。
「青春のウンヌンカンヌン・・・フォーク」というような番組。 イルカさんと泉谷さんが司会でした。

1/11

| | Comments (2) | TrackBacks (0)

1/11 軽井沢音楽ロッジゆうげん荘でのライブ。

冬の軽井沢は二度目だが、以前に来た時は目的地まで辿り着けなかったほどの大雪。そのイメージが染み付いてしまっていて、それ以来冬にこの地を訪れようと思ったことは無かった。

今日は幸い道にはほとんど雪はなく、それでも見回せば辺り一面真っ白な雪の軽井沢はとてもきれい。特に浅間山が夏と趣きが違い素敵だ。

会場のゆうげん荘に着きセッティングを始めていると、オーナー由井さんから
「昔、万華鏡にいらした佐久間さんですよね?」と尋ねられた。
万華鏡知っているなんて!!と驚いていると、当時(40年まえ)松本でのコンテストでご一緒で、僕らが優勝したとの話。本人はほぼ覚えていないのだが、そうやって昔の音楽を覚えていてくれる方が居るなんて幸いなことだ。
「あの時のギターの音がとても気持ち良くて…」と、更に嬉しいお話しを伺えた。

*「万華鏡」は僕が大学2年の頃、ボーカルのサッチ(山下幸子:現ニューヨーク在住)とギターの僕、そしてキーボードに故茂木由多加(四人囃子でも一緒だった)の3人が中心となって活動していたフォーク・ロックグループ。フォーク・コンテストなどで何度か入賞もし、デビュー寸前に事務所と喧嘩別れしてあえなく解散してしまった不運なバンド。

そんな時代があったことを妙に懐かしく思い返しながらセッティングを続ける。

本番はモニターのバランスにちょっと苦戦したが、精一杯演奏し、無事年初のツアーが充実して終了した。

**終演後「あんなにぴったり歌に寄り添って、歌を引き立てることだけに徹したギター演奏初めて聴きました。とてもよかったです。」
と声を掛けていただいた。とても嬉しかった。


明後日からはまたバックトゥワーク。ウラニーノな日々がもう少し続く。

cool fool

| | Comments (0) | TrackBacks (0)
coolfool.jpg

2日目は前橋COOLFOOL。昨年ここへ来たのは1/11なので、ちょうど一年ぶりの前橋。
昨年のこの場所から早川さんと新見さんとのツアーが始まり、たった一年の間に色々な土地へ行った。

ここは不思議な店。昨年同様、お世辞にも広いとは言えない店内にぎっしりのお客さん。その誰もが熱い思いを抱いて早川義夫の歌に集中する。
始まるなり涙を抑えられない人。元気よく叫んでくれる人。目を閉じじっと聴きいる人。体を揺らし気持ち良さそうに口ずさむ人。誰もが思い思いに歌を音楽をその場を自由に楽しんでいる。
店長のさとうさんの熱い思いが伝染するのだろうか。

こんな空間なかなか無いよなぁと思いながらギターを弾く。自然に演奏に熱が帯びる。何度か弦を切りそうになってしまうほどにビッキングしながら。

終演後のアンケートに、えくみさんが書いていた言葉が素敵だった。

早川さんの引力ってすごく不思議です。
涙までひっぱられそうでした。

kazemakase

| | Comments (0) | TrackBacks (0)
kazekura.jpg

昨夜は群馬県太田市、今井酒造店の[喫茶室 サロン かぜくら(風蔵)]にて演奏。
(今回はMacBookを持参しなかったので、写真は後日アップします)

午後、久喜駅から東武伊勢崎線各駅停車に揺られながら終点・太田駅までのんびりと。太田駅で新見さん達と合流。昨日は鈴木亜紀さんも一緒。早川義夫さんも僕と同じ電車に乗っていたようだ。

早速会場に向かう。雰囲気のあるいいお店。喫茶室の隣は酒屋、奥に酒蔵がある。
imaishuzou.jpg
楽器を下ろし皆で昼食にでたが、ちょうど休み時間帯になってしまいどこも閉店。道路沿いの「焼きそば」の看板に惹かれて行ってみると、確かに焼きそば屋さんではあるのだけど中身は駄菓子屋。大の大人が5人駄菓子屋に入って行く図はなかなかなにシュール。
メニューは焼きそばの大中小のみ!
焼きそばは何故だか太田名物らしい。太麺のソースだらけの焼きそば、残念ながら自分で料理した方が良いお味でした。

会場に戻りセットアップ、リハーサル。初めて亜紀さんと共演することになり、その曲だけ少し丁寧なリハ。でも一曲は譜面が無かったのでぶっつけ本番で。

控室は併設の酒屋さん。当たり前だけれど壁中日本酒だらけの部屋に居るのは変な感じ。「ごめんなさい、こんなに呑めません!」
kazekura_yoshio.jpg

出番前、こちらで作られている「風まかせ」をいただく。とても口当たりのよい美味しい酒。でも一機に眠くなってしまったので、ほどほどにしてコーヒーをいただきながら亜紀さんの歌を聴き、出を待つ。

昨夜はいつも使っていた自作ジャズマスターを使わずに珍しくカラハム(Callaham)のストラトを使ってみた。Fenderプリンストンとの相性は抜群で、驚くほどにクリーンでキレイな響き。その分どこか丁寧な演奏になり過ぎてしまう。
今日はどっちのギターにするか悩むなぁ。

ともかく。新年初ライブ、いい感じで終えることができた。亜紀さんとの初共演も楽しかったし、またよろしくです。
アンコール後、今井酒造さんから日本酒を一瓶いただいた。ありがとうございました!

さて、今日は前橋へと移動。

これから群馬、長野を早川義夫さんとまわって来ます。
いいライブになりますように。