live: July 2009 Archives

SUWAKO.jpg
【諏訪湖】


昨夜は飯田CANVASにてライブ。

リハーサル後、初めて行った飯田の街を歩いてみた。商店街は結構広く、お店もたくさんあるけれど静か。あまり人とすれ違わないし、お店も開いているのか閉まっているのか。
街の周りを緑の山々が囲み、落ち着いた雰囲気。ところどころに有るビルが目に入らなければ、昔日本映画でよく見かけたような懐かしい景色なのだけど。
iida_station.jpg


ライブはいつも通り順調に・・・と言いたいところだけれど、珍しく足下の機材周りのトラブルに終始悩まされてしまい、演奏にいまひとつ集中できず。今日はきちんとチェックしよう。

canvas.jpg 終演後はそのままお店で打ち上げ。スタッフの方、オーナーの桑原さん含め皆本当に気持ちのいい方達で、遅くまで楽しく語り合ってしまった。 今朝会った早川さん、昨夜は飲み過ぎたらしくボロボロ。でも何やらいい出会いもあった様で。。。 yoshio_090730.jpg

さて、今日はどんな一日?

IMG_0610.jpg 今日からまた早川義夫さんと中部地方3日間のツアー。

初日の今日は朝8時に事務所まで新見さんに迎えに来ていただき、新宿西口で早川さんをピックアップ。
一路、飯田市へ! ところが、高井戸で事故渋滞。初台〜高井戸50分と掲示されているので、甲州街道をひたすら調布まで。これが案外混んでいた。
IMG_0612.jpg
久しぶりに通り過ぎる調布の街。実家のあった街なので懐かしい。
調布から中央道に乗り、そこからはスムーズ。相変わらずのバカ話しの合間を縫ってひと眠り。


昨夜は unsus のリハーサル後、3時頃までメンバー+Tamaちゃんとで久しぶりの”呑み”。
SDIM0078.jpgいつも通り盛り上がって楽しい一時を過ごし、4時頃就寝、7時半起きなので明らかな睡眠不足。

ともあれ、先ほど飯田に到着。初めての街。今夜はCANVASというお店での演奏。
明日は名古屋TOKUZO。そして明後日は、38年振りの中津川『椛の湖フォークジャンボリー』。
いい3日間が過ごせるかな。

unsustop.jpg

unsuspected monogram の初ライブやっと決まりました。

Title : monogram kitchen
unsuspected monogramと kitchen guys の共演+DJ3組。
Date : 9/20 Cay (青山スパイラル B1F)
Doors open at 17:00
Price : ¥2,500-
   (前売り無し。予約あり。予約方法は後日アップします)

unsus お披露目ライブ、是非お越し下さい!

uranino_090714.jpg

昨夜は GLAY のレコーディング後下北沢 Club Que 『ウラニーノ』のレコ発ライブ(メジャー・デビューでもそう言うのだろか?)へ。

時間ギリギリまでレコーディングしていたので、「前説」と一曲目を見逃した。今回の「前説」、見物だったらしいので残念!(「前説」=ウラニーノの演奏前の出し物:毎回かなり面白い)

少し遅れて着いた会場は、立錐の余地もない満員。どうにかカウンターの前に一人分のスペースを見つけ、そこでじっと鑑賞。数曲聴いたところで左側数人のところに、マスタリングエンジニア田中さん(僕にとっては神さまの様な方です)を発見。軽く挨拶。

案外久しぶりに聴くウラニーノのライブ、とても良い。全員気合いの入った、それでいてしっかりと落ち着いた演奏。ドラムの小倉君は相変わらず表情豊かに力のあるドラミング。ベースのピストン大橋、風貌と大違いの素晴らしいベーシストになった。サポート・ギタリストのコサイ君はもちろん完璧(大好きな素晴らしいギタリストなのです)。そしてボーカル・ギター・ピアノのヤマギこと山岸君、感動的な力強い歌を聴かせ、軽妙な話しも聞かせてくれる。本当にいいバンドです。

終演後田中さんと立ち話。田中さんにもしっかり気に入っていただけた模様。でも、このライブでの力強さをどうレコーディングで捉えるか。難しい。
ライブを見ながらプロデューサーとして、ずっとその問題を考え、反省し。そんな意味でも実りあるライブでした。

departure.jpg

大分からのフライトは途中多少揺れたものの順調に。機内でまた早川さんにMac講座。
覚えることがたくさんなので大変だけど、楽しそうで何より。
羽田に定刻に着き、早川さんと別れそのまま急ぎスタジオへ向かう。

飛行機の時間を僕が勘違い(出発時刻を到着時刻と)していたため1時間ばかり遅刻。

スタジオに入っていくと Takuro君一人・・・と思ったら後ろのソファ隅に Hisashi君。軽く挨拶を交わしていると、Teru君が入って来て。
「もう、一曲録り終わりましたよ!」「え〜〜!?相変わらず早いねぇ・・・」と僕。

早速録り終わったばかりの”旬の”テイクを聴く。
う〜〜む、さすがだなぁ・・・。安定したリズムとダイナミズムに溢れたギターとボーカル。あまり好きな表現では無いけれど、見事に年季の入った(”確立された”の意味)バンドの音。
幸い(?)僕のピアノは以前に弾いていた(プリプロ時の録音かな?)テイクでオーケー!
遅れてしまってハラハラしたが、どうにか。

次の新曲へと作業が移る。

雑談中に聞くと GLAYも九州から昨日だか一昨日だか戻ったばかりとのこと。しかも大分も行っていて、ニアミス状態。
「湯布院良かったですよ」とTK君。僕らは生憎行けなかったけど、確か早川義夫さんが
「死ぬ前に一度は行きたいなぁ〜。でも、一人で行く場所じゃ無い(彼女連れで行くべき場所の意)よね!?」と新見さんと話していたのを思い出す。

「でも、GLAYはこの4人で行ったんだよなぁ・・・」どうなんだろ、それって?

airport-oita.jpg

大分空港にてフライト待ち。

oita_st.jpg

無事大分NEIROYAでのライブを終えて、今回の九州ツアー終了!
今夜も温かいオーディエンスに恵まれて、幸いな演奏でした。

明日朝8:30出発なので、取り急ぎ。
明日からまたGLAY開始!

打ち上げ会場にて早川義夫さん+bigmama 坂田さん。
yoshi_sakata.jpg

drive.jpg 今回の九州ツアー最終日は大分。生憎の雨模様。


昼前にホテルを出発し、佐賀駅へ早川さんの忘れ物(本)を探しに行く。幸い駅に保管されていた。それを見守っていた僕と新見さんと二人「これで今日も一日機嫌よくて良かったですね〜!」。
車に乗り込み相変わらずのバカ話しをしながら、少し早めの昼食に『春駒食堂』へと。
全員「皿うどん」を注文。もやしがたっぷりですごい量だけれど、とても優しい味で美味しかった。新見さんがメニューに「大盛り皿うどん」を発見しびっくり。これの大盛りってスゴイ!

食後大分に向けて出発。車内でもバカ話しは止まることを知らず。

yoshio_in_car.jpg
高速に乗りずっと山間部を抜けていく。天気が悪いのが残念な景色だけれど、それでも時折すごく綺麗な景色に出会う。 別府を抜ける前後はところどころ濃霧。 fog.jpg

2時頃大分到着。佐賀ー大分、思っていたよりずっと近かった。
ホテルにチェックインし「15分後にロビーで」と新見さんの号令の元、各自部屋へ解散。
15分ほど経ちロビーへ下りて行くと、早川さんも新見さんも Mac を拡げている。早川さんに「Mac 持って来なかったの?写真撮ろうかと思って」と言われ、しばし雑談後に Mac を取ってくる。
yoshio_w_mac.jpg

Mac初心者の早川さんに、色々と講習。
今日は会場への入り時間(リハーサルの時間)が遅いので、ロビーで昨日差し入れにいただいたお菓子とコーヒーをいただきながら、のんびり雑談。

romanza.jpg

- 浪漫座 -

佐世保から特急みどりに乗り、11:20過ぎに佐賀に到着。新見さん、早川義夫さんとの待ち合わせにはずいぶん時間があるので、とりあえず今日の会場『浪漫座』に歩いて行ってみる。
一昨日早川義夫さんから、浪漫座の斜め向かいのマクロビオティック・レストラン「おひさま」の情報を聞いていたので、そこでランチをするのが目的。
ohisama.jpg

思っていたよりは少し遠かったのと、暑かった(道中日影が無く)のでちょっと疲れたが、ガンバッテ30分弱歩き浪漫座前に到着。ステキな建築(旧古賀銀行跡:佐賀市歴史民族館の一部)。
romanza-out.jpg

その建物のすぐ斜め前に「おひさま」を発見。こちらも歴史民族館なのか。旧家の跡。
店内に入ると「ランチで良かったですか?」と声をかけられ、すぐセンターの大きめのテーブルに陣取る。
オーガニック食材、オーガニック衣料やマクロビ関連の本などが処狭しと並ぶ店内に、テーブルが3つか4つ。建物の窓、出入り口が開け放たれていて、抜けていく風が心地よい。
ohisama_lunch.jpg

玄米ランチ、色々なマクロビ料理と玄米ごはんにお麩とわかめの味噌汁。自然食にありがちなぼんやりした味では無く、しっかりした味付けでとても美味しくいただきました。

食後は浪漫座のカフェ(ライブ前まではカフェとして営業)でアイス・カプチーノをいただく。とてもきれいで広々した落ち着いた空間。で、ふと思う。「こんなところで大音量のエレキ・ギター弾いて大丈夫か?」と。どうにも場違いなように思える。しかも全く防音もされていないので音は筒抜け。これは今夜は手強いぞ・・・。

それから佐賀駅へ戻り、少し時間をつぶして新見・早川両氏と合流。会うなり昨日の各自の武勇伝が盛り上がる。
早川さんは『嬉野温泉』へ。新見さんは「本州の西端」に行っていたとのこと。

一旦ホテルに入り、会場入り。まだカフェの営業時間だったので、しばし待機した後セッティング、リハーサル。さすがに建物が良いので音の響きが実にいい。が、ピアノが生音状態なので激しいギターを弾くとピアノが全く聴こえなくなってしまう。しばらく試行錯誤し、問題を発見しつつどうにか改善。
またホテルに戻り、シャワーを浴び会場へとんぼ返り。

オープニングアクトをしていただいた「華月 祥」さんの歌声がステキだった。まだ22歳とのことで、これからが楽しみなシンガーです。

さて今日のライブ。
ひたすら真剣に直向きに、謙虚な演奏が出来たように思う。ツアー3日目、日増しに良くなっていくね、と早川さん。

終演後は3人でツアー反省会と言う名目のいつも通りの馬鹿話・食事会でした。

yumihari_morning.jpg 昨夜はホテルが山の頂きにあり、街へ下りるのも難儀なのでホテル内の懐石割烹にて一人懐石料理。量が多過ぎるが、どの料理もとても美味。占めは「モズクとイクラの雑炊」。もう満腹なのだけれど美味しくてつい食べ過ぎ。今回のツアー終わった後はコワクて体重計に乗れないな。

就寝前に再度展望風呂に入りのんびり。
寝付きはいつでも良いのだが、ここ数日何故か夜中に何度も目が冴えてしまいぐっすり休めない。
そんななので、早朝から起き出して朝風呂。朝の光と九十九島がきれいだ。

風呂から出て ゆっくりと朝食。朝食もちゃんとしていて、総じて良いホテルでした。

特にする事も無いので早めに佐賀へ移動。佐賀の街を散策してみよう。

さて今日もよいライブになりますよう。

3日目の今日はオフ日。早川さん、マネージャーの新見さんと3名自由行動の日。しかもお互いの行動、行き先も内緒で各自自力で楽しんで、明日の3時に佐賀の会場、ロマン座 に集合約束。

どこに行くか迷った挙げ句、僕は佐世保に決定。初佐世保。

小倉から新幹線で博多に戻り、時間があったのでちょっと細かい買い物をして、 佐世保へ向かう。

さて、佐世保と言えばハンバーガー!当然行きますよ~。
で、何軒か見て結果フェリー乗り場にある ピアカフェへ。手作りパンのお店で、早速 佐世保バーガーとアイスカプチーノ。
pier cafe.jpg
優しい味わいの美味しいバーガー。重く無くて良かった。
sasebo_burger.jpg

その後街の床屋さんへ髪を切りに。いい感じに渋い店で、店員さんの言葉に地方に来ていることを実感する。

その間に幾つか業務連絡が入る。たまちゃんの歌のチェック、歌詞のチェック、連絡事項等。
しかしiPhoneあればどこでも仕事できて 何とも便利な時代でもあり、仕事から逃れられなくもあり。何とも、です。

それにつけても たまちゃんの歌、さすが!

そんなことをしながらホテルへ向かう。
実は今日はこのホテルが目的とも言える旅行。弓張の丘という山の頂上にあるリゾートホテル。
眼下に九十九島を右手に、佐世保港と佐世保の街を左手に望む絶好のロケーション。
tukumo_isl.jpgsasebo_bay.jpg
チェックインし、展望風呂で一人のんびり。たまにはいいですね。
が、その後ネットが無いのを知る!今時分珍しいけど、のんびりするにはその方がいいでしょう。

今夜はノンビリ~!

昨日の続き:
新見さんの運転で順調に小倉到着。一旦ホテルにチェックインし、早川さんに緊急 Mac 講座。セットアップをしてネットに繋いで、サクサクと説明。終始ニッコニコの早川さんです。
取り合えず無事に動くので(当たり前)安心してリハーサルへ。

会場は「小倉フォークビレッジ」。店主の小野さんに軽く挨拶をして、すぐにセットアップ。二日目なので準備も音決めも早い。
folkvillage.jpg
リハーサルを始めてすぐに、すごく演奏し易いのに気づく。
1)モニター含め音がいい。
2)ピアノの音、調律がいい。
3)椅子の高さ安定感がとても演奏し易い。
ので、何も問題無くリハーサル終了。

一旦ホテルに戻りシャワーを浴びて本番に。

二日目は集中力も高まり慣れもあり、とても良かったように思う。
終演後早川さんに絶賛される。嬉しい瞬間。

片付けてホテルに戻り着替えてから、小野さん、PAの岡本さんと食事会。
ステキな和食のお店で、ご馳走。平目の刺身のテンコ盛りに始まって、美味しいものだらけ。極め付けは「鰯の糠床炊き」。小倉ならではの料理だとか。
kokuraaftertheshow.jpghirame.jpg
おいしい料理まですっかりお世話になりました。小野さんが大のGLAYファンと知り、また175R(小倉出身)も知ってくれて居て嬉しかったです。

(今日はネットが無いところに居るので写真は後日)

昨日から九州。早川義夫さんとの九州ツアーです。

早起きして、早朝から hachi のこの前のレコーディングの手直しと言うか、ダビングの様な作業をして。慌ただしく出発。
一時間以上早めに羽田空港へ到着し、チケットを受け取りに行こうとしていたら、「佐久間さ〜ん!」と聞き慣れた早川さんの声。ありゃりゃ、仲良しなのね〜。
朝ご飯(昼ご飯)にカレー屋さんに入り、ビールを一杯軽く飲んで、いざ福岡へ一っ飛び!

新見さんの出迎えで真っ直ぐ会場へ。

初日の昨日は博多の福岡ドリームポートと言うお店。
今回呼んでくれた bigmamaというグループのVo.宅嶋さんが急遽入院されてしまったため、bigmamaは共演できず、(名前忘れてしまいましたごめんなさい!)最初のバンドの方と秋山羊子さんとの共演。
順調にリハーサルを終え、いったんホテルへチェックイン。
しばし休憩後、ドリームポートへ戻り、近くのお蕎麦屋さんで夕食。全員ついセットものを頼んでしまい、お腹いっぱ〜い!ライブ前に失敗です。

でもライブはいい感じに。お客さんもスタッフもみないい方で、何よりです。

終演後、ドリームポートの地下のお店で豪勢な打ち上げ。ありがとうございます!
uchiagenomise.jpg

その後いったんホテルへ戻り、新見さんの車を置いてからタクシーで再度街へ繰り出す。
早川さんお薦めの、天神の「小金ちゃん」(こきんちゃん)と言う屋台へ。
kinchan.jpg

名物の「焼きラーメン」と梅酒をいただいて、ホテルへ戻る。翌朝は10時集合。umeshu.jpg

が・・・珍しく寝坊!!フロントからの電話で目覚めたのが10:15頃。アッチャ〜〜!申し訳ない、とフロントに下りていくと、予想通り、新見さんと早川さんで僕の悪口談義中。そんなことにメゲズに、今日も元気にガムバリます。

入院されている宅島さんのお見舞いをして、時間つぶしにと博多駅へ向かう。
駅のそばのヨドバシカメラを見て、早川さんが「ちょっと寄っていいですか」と。それから駐車場を探してウロウロしている間に、話しの流れで早川さん Mac (MacBook Pro)を買うことを決定。ずっとWindowsユーザーだった早川さんに、ちょこちょこ新見さんと僕で Mac にしなさ〜〜〜い!と洗脳し続けたのが、ここ九州まで来てやっと効果の出た瞬間。

Macをゲットし、ニコニコ上機嫌で小倉に向かう早川義夫さん。
kitakyushu.jpg