equipments: May 2009 Archives

今日は吉祥寺スターパインズカフェでの、早川義夫+佐久間正英+茂木欣一+柏原譲+水橋春夫のライブ。フ〜名前がたくさん!

病み上がりと言うか、病み中でのライブ。色々と細か〜いことを抜きにしても、なかなかに大変だったので、ライブ評は今日は抜き。来られた方達の評を楽しみにしています。
体調万全で無いため、打ち上げも参加せずさっさと引き上げたので、アンケートにも目を通せずでしたので。

にしても・・・指が痛い!&耳鳴りが!!

さて、そんなことはともかく。
ライブ直前に、前回鈴ん小屋で飛んでしまった Fender Princeton が修理を終え戻ってきた。スピーカーが飛んでしまい、リコーンの記事を先日書いたところだけど、運良くHuman Gearの八木さんが、1964年のデッドストックのJensenを保管されていて、それを譲っていただけた。これはアルニコのスピーカーで元々付いていたのはセラミック。
と書くことはできるが、実際にはその音の違い、よくわかっていない情けないギタリストであります。

で、今日初めてそのデッドストック・アルニコ・スピーカーを取り付けられたPrincetonを使用してみて。
う〜〜む・・・線が細くなったと言うか、奥行きが減った感じがする。多分これは案外微妙な違いなのだろうが、つい細か〜いことに拘ってしまう性格が災いする。
かと言って、ハイの成分が増えている感も無し。悪い言い方をするとどこか”ペラ”っとしてしまった感じ。
これがアルニコとセラミックの差なのか、新しいスピーカーと使い古されたものの違いなのかは不明。ただ先日アンプを引き取りに行った時、ProSound SOS の若林さんが、「出力管のバイアスが低めなのですが、佐久間さんがこの状態の方がお好きかも知れないと思い手を付けてはいません。」とのこと。
と言うことは、ひょっとしたら適性なバイアス・セッティングにすれば音が変わる訳で、その方が新しいスピーカーには理が叶っているようにも思えるのだけど。

と、なかなか奥の深いアンプ談義であります。今日の状態だと音的には先日のMatchlessに分がある感じがしたなぁ・・・。

<いつもお茶目な水橋さんと>
mizuhashi.jpg

About this Archive

This page is a archive of entries in the equipments category from May 2009.

equipments: April 2009 is the previous archive.

equipments: July 2009 is the next archive.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01