equipments: April 2009 Archives

recone

| | Comments (0) | TrackBacks (0)

先日のライブ中に音が出なくなってしまった、Fender Princeton / Brown Tolex。
Princeton_BRN-1960.jpg

早速修理をお願いしようと、久しぶりに Human Gear 八木さんに連絡。以前自分で運営していたギターメーカー SGCrafts Ltd を立ち上げる時にも、色々お力を借りずっとパーツの供給もお世話になっている。またレコーディングのアンプをお借りしたり、真空管等のパーツをお願いしたり、ずいぶんと助けていただいていた。

早速八木さんから返事をいただき、信頼できる方なので問い合わせてみてはどうですか、とプロサウンドSOS の若林さんを紹介していただいた。

昨日から始まったウラニーノのレコーディング前に、早速若林さんのところへ直行。
羽田空港に近い、大鳥居そば。普段あまり通ることの無い地域。一方通行が多く、少し手こずりながら到着。道端に車を寄せていると、音で気づかれたのか若林さんが出てきてくれた。初めてお会いするのだけれど、その表情を見ただけですぐに信頼できる方だとわかる。

アンプの山の作業場に通していただき、簡単に故障説明。こういう空間好きだな〜とか思いながら暖かいコーヒーを入れていただき、しばらくアンプ談義に花が咲く。物腰のとても柔らかい心底技術畑な方で、話しを伺っていて楽しくなって来るが、ウラニーノを待たせてしまうので早々に退散。もちろんスタジオには遅刻!すまん!!

夕方若林さんからメールが入る。
「悲しいですが、スピカーが擦っていまして小さい音でバリバリ音が出ていますので、リコーン又は、別なスピカーと交換になってしまいます。」
ガ〜〜ン!!よりによってスピーカーが飛んだ〜〜、トホホ。まぁ、年代物だしなぁ・・・と思いながら、若林さんに電話で相談。
「残念ですが、お薦めできるスピーカーは思い当たらないので、リコーンでしょうか」との話し。そうですね、とリコーンとアンプ自体のメンテをお願いする。

さて、これで当分(最短でも2ヶ月とのお話し)Princetonが使えない。困ったぞ・・・と、Matchless Lightning 15 と言う15ワットのアンプを持っていたのを思いだした!
ほこりまみれのマッチレスを数年振りに引っ張り出して、早速今日ウラニーノで調子見がてら(?)レコーディングに使ってみる。
「そうそう、こんな音だったな〜」と懐かしく思いながらレコーディング。山岸君の声とのマッチングがいい。

lightning15.jpg しばらくはライブのメイン・アンプの座を勝ち取ったね。

今日・明日と池袋「鈴ん小屋」(リンゴヤ)にて早川義夫+水橋春夫+佐久間正英+茂木欣一+柏原譲バンド(?)のライブ。

昼過ぎにマネージャーの新見さんに事務所に迎えに来てもらう。と、すでに車には水橋さんと茂木君が。
順に廻って来てくれたそうです。
池袋へ向かう車中、まるでツアー中の様に盛り上がる。テーマはもっぱら早川義夫。

道路も順調に流れ、早めに池袋に着き楽器を下ろしていると、走り寄ってくる人影あり。
「佐久間さん! フジファブリック、ボーカルの志村です!!」と一声。
あ、言われなくてもわかりますが・・・何で志村君シャーロックホームズの格好を??とつっこむと、何やらスペースシャワー(だったかな?)の撮影中とのこと。
一瞬にしてアタフタと走り去って行きました。相変わらず不思議な人であります。

会場に入り早速セッティング。いつもの早川さんとの二人組とは違い、総勢5人時間がかかる。

<サウンド・チェック中の茂木君>
kinchang.jpg

順調にサウンドチェック&リハーサルが進み、水橋さんの出番。
が・・・水橋さんのギターが音が出ない!今回は水橋さんの楽器周りは僕の担当。急ぎ調べると・・・何と僕が持ってきたテープ・エコー(Fulltone Tube Tape Echo)がトラブル。よく見るとテープが回っていない。やむなく、水橋さんが買ってきたBOSSのDelayに交換。TTE.jpg
やっと音が出て、リハ開始・・・が!何と水橋さんのギターが半音近くピッチが低い!!
ギターのチューニングも僕がやったのだけど・・・水橋さんの持ってきたチューニングメーターの設定が謎だったのか??不明。

そんなトラブルもありながら、和気藹々と本番を迎える。早川さんとのバンド編成何年ぶりだろう?15年ほど前に新宿にあった日清パワーステーションでの第一回「佐久間サミット」以来じゃなかろうか。

ともかく。言い感じに本番が進み、第一部(二部構成なので)最後の曲の中盤。突如ギターの音が消える!
アンプが死んだ模様・・・。皆の演奏が進む中、孤独に原因チェック。でも修復不可能そうなので、途中からピアニカに変更。それなりにいい感じに演奏。
仕方なく、一部終わってから会場にあったアンプに交換。古いアンプ(1962年Fender Princeton)なので、こんなこともあるよな〜。とあきらめる。
a472-1.jpg

さて、トラブルあったものの、気を取り直して第二部スタート!・・・しようとしたら、今度は水橋さんのギターの音が出ない! 足下を確認すると、水橋さんのBOSSのディレイのLEDが点いていない。バッテリー切れ・・・。トホホ。
スタッフがバッテリーを持ってきてくれてどうにか。

とバッタバタなライブだったけれど、結果、どうにかとてもいいライブになった感じ。
二度もアンコールをもらいました。

明日もいいライブになりますよう。トラブル無きように!

g-2 fuzz

| | Comments (1) | TrackBacks (0)

Pete Cornish G-2 Fuzz を eBayで落札!

g-2-1.jpg

Pete Cornish、実は今まで敬遠していたのだけど、今さらHPを読んでみたりして妙に納得。
「これはやはり持っておかなくてはなぁ・・・」と購入決意。

まだ音は出していないけど、さて、どうかなぁ〜?

g-2-2.jpg

今日はフロッグス(the screaming frogs) の 5/6 原宿アストロホール・ライブのリハーサル。今回バックを努めるのは、何と我がバンド "unsuspected monogram" ! unsus の実質初ライブとなる。

前回のライブの時は、使うギターをぎりぎりまで迷ったあげくに、最終的に自作JazzMasterに決めた。
最近は早川義夫さんとのライブでも、メイン・ギターとしてJazzMasterを愛用している。今一番しっくり来るギター。

ところが問題が無いわけではない。『サスティンが短い!』簡単に言えば、音が伸びない。
そのちょっと詰まった感じ、それが故のコンプレッションのかかったアタック感が、弾いていて何とも気持ちよく、フレージングのコントロールもしやすい。なのだけれど、音を伸ばしたいフレーズの時に、あと一歩伸びて欲しいところで止まってしまう。痛し痒し。

と言うのもあって、今回のフロッグスは、unsuspected monogram 用(かな?)に自作した『L5S』タイプのホローボディ・ギターを使ってみようと思い、少し調整及び弦交換。

今までは普通の 010 ゲージを使っていたが、前から試したかった "GHS David Gilmour Signature" の "10.5 - 50" という太いゲージに張り替えてみた。
ghs.jpg

このL5Sタイプ、JazzMaster と正反対で”異様に”サスティンが長い。なので太い弦に変えても大した影響は出ない(通常弦が太くなるほど音は詰まってくる)だろうと思っていたが、全然大丈夫。
むしろすごく弾きやすくなった(安心して弾けるような)印象。

さてリハーサル。僕と若菜君、パーカッションの岸さん(前回のライブではドラム担当)以外は全く初めての Frogs 楽曲。unsusを演るのとは違う苦労を皆それぞれ味わっている感じで新鮮。
今日のリハーサルではまだまだアマチュア・バンドレベルだけど、さ〜て、どうなるのか楽しみ。

<Tamaちゃんを囲んで unsusメンバー+岸さん>
unsus-tama.jpg

About this Archive

This page is a archive of entries in the equipments category from April 2009.

equipments: February 2009 is the previous archive.

equipments: May 2009 is the next archive.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01