Recently in equipments Category

KEMPER PROFILING AMP

|

昔メロトロンが登場した時、当時の欧米の実演家団体が「仕事が無くなる」と抗議をし販売差し止めを求めたと言う。
その後その流れはサンプラーとなり実際に多くの演奏家の仕事は減った。そしてその流れは演奏家に留まらず、DTMの登場によって編曲家もスタジオもエンジニアすら仕事を奪われて行く。

KEMPER PROFILING AMPに触れているとそんな歴史の流れを思い出す。KEMPERの登場によってギターアンプ・メーカーは少なからず打撃を受けるかも知れない。ビンテージのアンプは別だが、現存するアンプメーカー、特に新型の開発にとっては脅威なはずだ。(多分まだ気付いている人は少ないだろうが)何故なら新しく作ったアンプをプロファイリングされればそこでそのアンプの使命はある部分終わってしまう。
別の見方をすればサンプラーがそうであった様に、古い楽器(アンプ)の音を消えて行ってしまう前に保存しておくこともできる。これはとても有益だ。

もうひとつKEMPERの脅威はそのプロファイリングされたデータ(実際のアンプの音)がUser Forumを始めとしネット上にどんどん溢れていることだ。それも当然の如くフリーで。
高価なアンプを揃える必要が「趣味」以外には見あたらなくなって行くだろう。実に今の時代に合致している。

シンセサイザーの黎明期からそこに触れ、DTMへの流れをリアルタイムに実践し、実演家やスタジオ等から実質仕事を奪って来たとも言える僕自身の立場からすれば KEMPER の登場も時代の必然に感じる。
でもそのことによって職人的技術が守られなくなって行くことはとても残念なことだ。

時代は難しい岐路に立っている。
-----------------------------------------------

*現在のレコーディングでの最大の難関「ホンモノのエレキギター録音」が自室でクリアできる様になってしまった事は、レコーディング業界にとってだめ押し的な大問題でもあります。防音材も防音室も必要なく「リアルな」アンプの音を録音できてしまうのです。

*KEMPERでちゃんとプロファイリングすると、実機に立てたマイクからの音とKEMPERからのラインの音とは全く区別つきません。演奏している本人には(ちゃんと弾ける人なら)違いはわかるかも…のレベルです。

昨夜のレイテンシーの話しの続き。コンピューターで音楽をやると実際どのくらい音は遅れて出て来るかの例として書いておきます。

僕のMacBookProで、ソフトはAbleton Live、オーディオインターフェースに内蔵入出力を使った場合のレイテンシーの計測値です。

バッファサイズを 256sampleにした場合、サンプリングレート毎に。(ms=msec.)
44.1k -> 13.1ms : 48k-> 12 ms : 88.2k -> 6.95ms : 96k - > 6.39ms

バッファサイズを 512sampleにした場合、
44.1k -> 24.7ms

バッファサイズを 1024sampleにした場合、
44.1k -> 47.9ms

上記でわかる様に、レイテンシーはサンプリングレートとバッファーサイズにほぼ正比例します。
この数字は単純にインプットに入れた音がコンピューター(アプリ)を経由して出て来るまでの時間です。ここにアンプ・シミュレーターやエフェクトプラグインなどが挟まれば更に大きく遅れます。
もちろんインターフェースやアプリの条件で値は変わって来ますが、いずれにせよとても遅れて音が出て来ると言う事実は変わりません。

更に実際に使用するにはバッファサイズは512sampleくらいが標準で、ソフトシンセなどをいくつか立ち上げるには1024sampleくらいまで引き上げないとまともに動作しなかったりします。

上記の遅れが実際の演奏上どのくらいのことになるかの例えで言えば、僕が真面目に(?)演奏する場合、リズムのズレ(例えばドラムとベースとか)の許容範囲(味と捉える範囲みたいな)が通常 5~10msec程度。15msecずれたらほぼ録り直しとなります。20msec~30ms くらいずれて、それに気付けない演奏家はプロへの道は諦めた方が良さそうに思います。
或いは録ったテイクのちょっとしたノリを修正する場合で通常10msec以内。細かい場合は2msecくらいの範囲でもあったりします。

バッファサイズ512sample、fs 44.1k の遅れ24.7ms はもはやシビアに演奏できる範囲では無いことがおわかりいただけますでしょうか。実際はこれプラスプラグインの遅れもあるのです。

ROLAND TR-808の記憶

|

今日synth bar @代官山SaloonではROLAND TR特集の集まりがあった様で、是非伺いたかったのだけど伺えず、Ustで参戦を試みるも回線不調な様で参加できずでした。
で、懐かしくTR-808にまつわる記憶を辿ってみようと思う。

ROLAND社には四人囃子時代から色々お世話になり(丁度あのJCアンプが発表された時代)その後僕が四人囃子からPLASTICSへと移って行き、そこでROLAND CR-68, CR-78(改造版)と使い続けて行く中から出て来たたアイデアを当時の担当佐藤さんに色々相談をし、TR-808のアイデアが生まれてきた。

1) パラ・アウトであること。
2) リズムをプラグラミングできること。
3) 各楽器のチューニングができること。
等が基本的な僕の要求だったかと思う。

実際には僕のアイデアが元なのかROLAND社内の開発なのか、どちらが先かは今となっては定かでは無いが、おそらくほぼ同時にそういう時代の要求が生まれていたのだろう。

試作品(と言ってもまだ基盤に半固定ボリュームが付いてる様な状態)のチェックをしに大阪のROLAND社に行き、ああだこうだと開発の方と話しながら試してみた記憶がある。

その後製品版が出来上がるのと一緒のタイミングでPLASTICSの3rd Album『Welcome back Plastics』のレコーディングスケジュールが決定。早速TR-808の初号機(シリアル1番)を抱えナッソー・バハマのコンパスポイントスタジオへと飛んだ。
今にして思えば無謀なのだけど、マニュアルも何もまだ出来ていない初号機を持ち、CR-78等押さえのリズムボックスは何も持たずにナッソーに飛んだ。

ナッソーへと向かう機中と到着した夜に必死に操作方法を研究した。何せマニュアルも何も無いので、その前にROLAND社で試した基盤状態のモックアップを思い出しながら。

スタジオに入り、アシスタント・ベンジャミンとプロデューサー・アレックス・サドキンにこの機械を使ってのレコーディング方法を簡単に伝え作業に入る。
それまでのCR系と違いマルチアウトがとにかく楽だった。それ以前はバラ録りする為に自作のシンクボックスを使い、テンポ調整はSH-1のLFOでやるような状態だったのではるかに快適になった。

もちろん世界初のTR-808のレコーディング。操作性はまだまだだったけれど音は期待以上だった。その時のレコーディングで自分なりの808の音作りの”秘密”も手に入れりことができた。そのテクニックは今でも活かせる。

たまたまEric Claptonが隣のスタジオにレコーディングに入っていたのだけど、毎朝10時から一人で808の打ち込みをしていると、やはり朝から一人でスタジオに入っていたクラプトンが僕の後ろで腕組みをしながら「こいつ何やってんだろな〜?」とジっと見守っていたのがとても印象深い。

ともかくそんな感じで無事レコーディングは終わり、プロデューサー、アレックス・サドキンがその時作ったTR-808の音が世界初、そして僕が知る限り何も飾らない最高の808の音として残った。

-- 808 後日談 --

ナッソーバハマでのレコーディングが終わり、次のライブツアーで向かったロス。グリフィス・パークでB-52'sとのライブだったのだが、その翌日だったか(?)DEVOのマークの家に遊びに行った。
DEVOから噂はすでに聞いていたが、そこで初めてLinn Drumの現物を見、音を聴かせてもらった。その音を聴き、素直に
「あ…TR-808の時代は終わった…」と感じた。PLASTICSのレコーディングから一ヶ月も経たない話しである。
それでもPLASTICSは、その後解散までTR-808を2台使ったライブツアーを行っていた。
そして時代を経てTR-808が奇蹟の復活を遂げた。

-- Linn Drum 余談 --

そんな宿敵状態のLinn Drumだったが、それからしばらくして日本に入って来たのだけど、知る限りそれをポップスで使ったのは僕が最初だったかと思う。作品は近藤真彦「ミッドナイトステーション」。Linnでドラムパートをやり(当時は前代未聞なので)筒見京平先生にかなり白い目で見られた。

organic recording

| | TrackBacks (0)

先日のTime Domainとエノキダケマイク話しの続編です。
現在進行形のウラニーノのレコーディング現場で日々実践し、新たな発見を日々感じています。

趣味の新しい試みのひとつは、僕の愛用しているギターアンプ Fender Deluxe(1958年)に Eclipse のTD(Time Domain)スピーカーを接続し鳴らしてみた。
想像通りの結果。これは申し訳無いけれど言葉で説明不可能な領域なので、興味ありましたらお試しを。スピーカー飛ばしても責任は持ちませんが。
なかなかに「目から鱗・・・」の音が飛び出ます。そしてエレクトリック・ギターの繊細さを改めて知ることが出来ます。自分の演奏の繊細さももちろん要求されます。

-------------------------------
さて、話しを戻し。
エノキダケマイク(Time Domainマイクとも言われている様です)をボーカル・レコーディングに使用してみた。
ここ数年お気に入りの基本セッティングをし(Blue Kiwi + Blue Robbie マイクアンプからUREI1176を経由)そのマイクの外側にエノキダケを2本。(間隔10cm程)
Blueのマイクからはもちろん聞き慣れた音。でエノキは・・・と切り替えると既に勝負あり!
単純に声色の好き嫌いで言えばBlueにも勝算はあるのだけど、歌の意味合いが全く変わる。
いくらレベル変動があろうが、コンプを通って聴きやすくされたBlueよりずっと言葉の意味が伝わる。歌い手のニュアンスの全てがそのまま伝わる印象。こんな経験はしたことが無い。
もちろんボーカルの山岸君はとても歌いやすかったとのこと。ピッチも普段よりずっと楽に取れている様に感じる。

細かいことを書き出せばキリが無い経験なのだけど、そんな録音。

そして、このマイクで録った音に何かエフェクトを付加しようとした時に愕然とした。
デジタルリバーブ、ディレイ等ちょっと足しただけで明らかな違和感を感じる。つまり『人工的なモノ』を加えてしまった感覚。わかりやすく言えばオーガニックな食材に人工的なモノを加味してしまった感覚。元の音素材と付加した人工的な音が明らかに乖離する。
こんな経験も初めてだった。

今までのレコーディング技術を否定するつもりなど無い。けれど新たな道が開かれてしまった以上、もう後戻りする必要など無いなと思う。とてもオーガニックな方法で。

先日京都での早川義夫さんとのライブ翌日、富士通テン小脇さんの計らいで Time Domain社の由井啓之社長にお会いしてきた。

Time Domain(以後TD)理論によるスピーカーに出会ったのはもう7~8年前になるのか?エンジニアのMichael Zimmerling(マイケル・ツィマリング)の紹介で富士通テンのエクリプス・スピーカーの音をdog house studioで試聴したのが最初。聴くなり「キョトン!?」としてしまった。つまり、今までに触れたことの無い質感の音だった。一聴してこのスピーカーが今までのそれとは一線を画すモノだと気付いた。
以後エクリプスの各機種、Yoshii 9、Yoshii miniを経験し、今も仕事上も日常でも無くてはならないスピーカーとなった。

僕自身TD理論については実はいまだに”何となく”の範囲でしか理解できていないと思う。でもそれが”明らかに正しい”であろうことは経験上から実感している。

さてそんな経緯で、ずっと尊敬していた由井さんにお会いできたのは何とも嬉しい限り。
初対面にも係わらず気さくに色々な話しをして下さった。実は話しと言うよりは僕にとっては”講義”の様にも感じられるありがたく、興味満載のお話し。
そんな中でネット上で何となく気にはなっていたマイクを見せていただいた。
それは想像とは全く違う小さな小さな貧相なマイク。直径にして5~6ミリ。そのマイクカプセルに細い電線を直付けと言う。その場ではそのマイクの音、あるいは収録した音源を聴くことはできなかったが、そのマイクの『武勇伝』はたくさんうかがえた。ステレオで50円のマイク!

京都から戻り早速マイクの情報を調べた。伺った話、形態などから”これかな?”と思った候補がいくつか上がった。小さな小さなエレクトレット・コンデンサー・マイク。仕様の周波数特性を見ると通常僕らがレコーディングで使っているマイクとは大きく違い、限りなくフラット。ピンと来た。これかな?

早速秋葉原(”あきばはら”が正しい(古い)読み方ですよ!)へ弟子であり良き仕事仲間でもあるサウンド・エンジニア中崎女史を連れ出す。10年以上ぶりの秋葉原のパーツショップ、いくつもの店を探しまわりやっとお目当ての品を秋月電子で発見。
その足でウラニーノのリハーサルスタジオへ直行。その場で中崎さんがマイク製作をし、リハーサルの合間に山岸君のギターを借りてその日の”おやすみ音楽”をKorg MR-2に試し録り。(後にそのサウンドが話題になりtwaud.io の世界ランキングで一位にまで入ってしまった!)

ヘッドプォンで聴きながら演奏を始めるなり今までのどんなレコーディング経験とも異質な感覚を覚えた。それはエクリプスのスピーカーを初めて聴いた時以上の衝撃だった。完璧に自分が演奏しているギターの音が”そこ”に存在していた。思ったことはただひとつ「由井さん、おそるべし!」

その場でエンジニア中崎がそのマイクを「エノキダケ」と口にし、あっと言う間に”エノキダケマイク”の名称が定着してしまった。

数日後ウラニーノのレコーディングで河口湖スタジオに向かう。
「おやすみ音楽」制作の為、レコーディング終了後スタジオのアップライトピアノをエノキダケマイクで録ってみる。素晴らしい音だ。やはり今までには経験したことのないピアノの音・音場。
その音を聴いた中崎が翌日「これで(エノキダケマイク)録りましょう」と言い出し、初めてこのマイクでのスタジオ本番録音に挑戦することとなる。

話しが長くなるので省略するが、そのマイクの音は今までのどんなスタジオ録音の経験とも全く次元の違う音だった。アコースティックギターも歌も録った。ピアノも録った。ベースもエレキギターも録った。ドラムも録った。どれも、どの音も自然で何の補正(EQやコンプや)も必要とせず、リバーブやらのエフェクトも必要としない音。ただ録った音達を”好きなように”バランスを取ればいい音。
衝撃だった。決して大袈裟では無く”レコーディングの歴史が変わった!”と実感した瞬間だった。

それは僕らプロデューサーやエンジニアだけではなくミュージシャン(ウラニーノメンバー)にとっても衝撃的な事件だった。
僕自身の演奏上での体験も衝撃的だった。そのマイクでのモニターを聴きオケにあわせピアノを弾く。
例えば、Cのコードをバン!とフォルテシモで弾く。でもその時にド・ミ・ソのミの音を強くしようと思うと、クリアにそれを感じられる。左手のC音の親指小指のオクターブユニゾン、親指を強く弾くとそれがわかる。そんなことは過去のレコーディングではありえないことだ。もちろんピアノ単体ならそれはできる、感じられる。がロックバンドの分厚いオケの中でのダビング時にそんな繊細なコントロールはあり得ないことだ。

おそらくこのマイクは聴いている人以上に演奏家に与える心理的効果の方が遙かに大きい様に思える。が故に理解されにくい、あるいは誤解を生みやすいかも知れない。
ありとあらゆる贅沢なマイク、HA、コンプやEQを使い。そんな現場で40年近くやって来たからこそ断言できること。
「全ての先入観を捨てて試してみること」「心を開いて音を感じること」「音の”何”を必要としているのか、今一度考え感じてみること」

この革命は特化された人のためでは無く、全ての人の為だと確信する。

最後に「由井さん、ありがとうございました。心の耳がやっと開かれました!」

real one!

| | Comments (2) | TrackBacks (0)
FuzzTone.jpg

maestro FUZZ-TONE FZ-1S をeBayで入手。
ずっと使っている maestroのレプリカファズトーンはこれよりも古いタイプのコピー。2N2614というゲルマニウムが3個、単3電池一本で動くタイプだが、こちらは9V仕様のもの。

いずれにせよかなりレアなモノ。で、見た目の程度はかなり良い方だと思う。が、まだ音を出していないのでどんなものかは不明。
次回のunsus リハーサルから使ってみようかな。

ただ問題はとても重い!こと。エフェクターボードが更に重くなるのは困ったものだし、どうするかなぁ・・・。

the axis-49

| | Comments (3) | TrackBacks (0)
Axis.jpg

C-Thru Music の "Axis" というMIDI Keyboard controller。
蜂の巣状の突起が全て鍵盤で、下の図の様な音の配置になっている。


axis49_notemap-med.jpg

よく見ると、ドミソ(CEG)とかラドミ(ACE)とかが隣接して三角形に配置されている。縦列は全て5度配置。
左上から右下へ向けてディミニッシュ音程。左下から右上へは増5度(オーギュメント)の列。
こういう配置なので、例えばドミソの和音は指一本で押さえることが可能。指2本で、ドミソシレ#ファと、Cmaj7/9/11 みたいな複雑なコードを押さえられてしまう、と言うオソロシク合理的なキーボード。
で、その本質は、ひとつの運指を覚えればそれを盤面上ずらして行くだけで、どのキー(転調)になっても指のフォーム(運指)は全く同じで演奏できるという優れもの。

昨日届いたので、早速試奏。
もちろん難しいし混乱しまくるけれど、予想外に習熟スピードは(おそらくノーマルな白鍵・黒鍵のキーボードより)早いように思える。

これから受け入れられて行くのか、一時のあだ花で終わるのかは不明だけれど、音楽の可能性を広げる発想と完成度に期待をしたい。
それと、今日スタジオでみんなで遊んでいて思った意外な面として、高齢者の音楽療法に良さそうに思える。運指と頭の働かせ方と意外な自由さ。つまり長年のキーボード経験無くとも始められる平易さを備えている。

YouTubeで『axis-64』(僕が購入したものの上位バージョン)と検索すればたくさん出てくるので、興味もたれた方は是非どうぞ。
ちなみに、多分まだ国内発売(ディーラーも無いかな?)はされていないと思います。メーカーHPよりオーダー可能です。

Fairlight30Alogo400.gif fairlight30Asystem.jpg

昨夜一通のメールが届いた。その中のニュース欄にあった文字。
Fairlight CMI 30周年記念モデルを限定発売!
興味の無い方にはもちろん全く意味不明なのだけど、僕にとっては衝撃的な話題。

僕がFairlight CMI III を使い出したのは、ちゃんとは思い出せないが、おそらく1987~88年あたりじゃないだろうか。日本に入ってきた初代CMIはバージョン2で、その当時はまだまだ使い物にはならない感があり、僕はPPG Wave派となった。PPG WaveTerm(コンピューター部)で波形合成(倍音合成)を行う時に『Compute』と書かれたボタンを押す。それが何よりもグっと来たオタクな私。

さて話しを戻し、CMIのバージョンが3(CMI IIIと表記されていた)となり、その後本体がラック組のできるバージョンが登場。ここで、さすがに導入せざるを得ない感を抱き、それから10年近く何度もバージョンアップと修理を繰り返しながらずっと一番の愛機として付き合って来た。

当時本体価格が1200万円超。それにA/Dを交換したりRAMを増やしたり、HDDを増やしたり、もちろん音源も増やし・・・いつも最高の状態を追求しおそらくトータルで1500万円を突破していたと思う。
高性能コンピューターが10万円を切って手に入れられる 現在から考えたら、何てバカな!と言う値段。だが、当時最高の性能を手に入れるにはそれが避けようのない金額だった。レコーディングコンソールが普通に8000万〜1億円超していた時代。(最初のワードプロセッサだって1000万円を越えていた)

手に入れて以後のほとんど全てのレコーディングに使用した。楽器としてサウンドエフェクトとして。あんな大きな機材をいつでも運んでいたのもあの時代だけの出来事。
電源を入れる時にはいつもバグや故障にハラハラしつつも、手元にあるだけで安心になる不思議な楽器だった。
OSはOS 9。軍需用と言われたOS。実のところは知らないけれど、OSだけはものすごく強固で安定していた。その上に載っているCMIのソフトは不安定でも。バグでCMIが飛んでもちゃんと音は出続ける変な楽器。

その後本国のFairlight社はCMIの清算を中止。ハードディスクレコーダー、DAWへと移行していく。
そんなこともあり、いつしかサポートも受けられなくなり、最後は修理に出して2年程本国とFairlight Japanを行ったり来たりしたあげく再生不可能となった。泣く泣くフルセットを廃品業者に出し別れを告げた。
惜しむらくは、そのCMI IIIに入れていた音をほんの一握りしか残せなかったこと。それらは仕事上の後継機となった Kurzweil2500 へと伝承され、いくつかは今でも僕のMacの中でまだ生き続けている。
そのくらい印象的(大事)な音の数々とその音への思い出が詰まっていたFairlight CMI。

そのCMIが復活されるニュース!これは大ニュースだ。
実際これから手に入れるかどうかはわからないけど、とにかく嬉しい知らせで、早速Waiting Listに応募だけはしてみた。
さて21世紀に蘇るCMI 、どんな楽器になるのか楽しみだ。

usg, unsus, reheasal etc.

| | TrackBacks (0)
b1349A.jpg ここ最近は『UNISON SQUARE GARDEN』と仕事中。 月曜までに4曲録音し、これから11月いっぱいくらいまで掛けてアルバム制作が続く予定。

全員24歳。若いバンドだけれど演奏力もしっかりしていて、楽曲やアレンジのセンス・アイデアも突出したものを持っている。これからどんどん伸びて行く、そんな手応え十分なバンド。

今回のレコーディングで僕のジャズ・ベースを使用してすっかり気に入ったベースの田淵君から、ジャズベを1本オーダー依頼される。仕様は僕のジャズベと同じ、スワンプアッシュ・ボディ、ネックはフレーム・メープルにエボニィ指板。ピックアップはLindy Fralinにしてみた。
早速、ボディ、ネックやパーツ等をさっさと注文。さて、いつ完成するか? と言っても、千井塔子さんの「JazzMaster」もまだ全く手をつけていない状態なので・・・(^_^;)

さて、一昨日はリハーサル。昨夜はミーティング。明日から合宿リハーサルと急に動きの激しい unsuspected monogram
今月20日の EATS & MEETS Cay での初ライブに向けて急ピッチで特訓!
明日からは軽井沢で合宿練習。”地獄の特訓3日間”と銘打たれた合宿。もちろん地獄の番人はわたくし。
どうなることやら、楽しみ。

先日来悩みの種のエフェクターボード、ほぼ完成に近づいて、近々お披露目できるでしょう。

あ、unsus の次のライブが11月に決まりました! 詳細はまた後日。

asaren

| | Comments (1) | TrackBacks (0)
gt-reh.jpg

まだボードに組み込んではいないけれど、フルセットを組んで朝から猛練習!

足元難しい〜〜!! 特に左端の。押し加減と実際の出音のタイミングがいまいち掴めない。
そう言えば「パラッパラッパー」とかああいう類の音楽ゲーム苦手だったからなぁ・・・。

About this Archive

This page is a archive of recent entries in the equipments category.

dtm is the previous category.

instruments is the next category.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01