Recently in dtm Category

昨夜のレイテンシーの話しの続き。コンピューターで音楽をやると実際どのくらい音は遅れて出て来るかの例として書いておきます。

僕のMacBookProで、ソフトはAbleton Live、オーディオインターフェースに内蔵入出力を使った場合のレイテンシーの計測値です。

バッファサイズを 256sampleにした場合、サンプリングレート毎に。(ms=msec.)
44.1k -> 13.1ms : 48k-> 12 ms : 88.2k -> 6.95ms : 96k - > 6.39ms

バッファサイズを 512sampleにした場合、
44.1k -> 24.7ms

バッファサイズを 1024sampleにした場合、
44.1k -> 47.9ms

上記でわかる様に、レイテンシーはサンプリングレートとバッファーサイズにほぼ正比例します。
この数字は単純にインプットに入れた音がコンピューター(アプリ)を経由して出て来るまでの時間です。ここにアンプ・シミュレーターやエフェクトプラグインなどが挟まれば更に大きく遅れます。
もちろんインターフェースやアプリの条件で値は変わって来ますが、いずれにせよとても遅れて音が出て来ると言う事実は変わりません。

更に実際に使用するにはバッファサイズは512sampleくらいが標準で、ソフトシンセなどをいくつか立ち上げるには1024sampleくらいまで引き上げないとまともに動作しなかったりします。

上記の遅れが実際の演奏上どのくらいのことになるかの例えで言えば、僕が真面目に(?)演奏する場合、リズムのズレ(例えばドラムとベースとか)の許容範囲(味と捉える範囲みたいな)が通常 5~10msec程度。15msecずれたらほぼ録り直しとなります。20msec~30ms くらいずれて、それに気付けない演奏家はプロへの道は諦めた方が良さそうに思います。
或いは録ったテイクのちょっとしたノリを修正する場合で通常10msec以内。細かい場合は2msecくらいの範囲でもあったりします。

バッファサイズ512sample、fs 44.1k の遅れ24.7ms はもはやシビアに演奏できる範囲では無いことがおわかりいただけますでしょうか。実際はこれプラスプラグインの遅れもあるのです。

luca.jpg

昨日までの3日間、毎晩twaud.ioにアップしているおやすみ音楽シリーズ "Goodnight_to_followers" の作品として初めて VOCALOID を使ってみた。
http://twaud.io/SSY , http://twaud.io/SY5 , http://twaud.io/Sh8

ネット上での反響の大きさにも驚いたけれど、僕がボーカロイド(以下ボカロと略)を使ったことがとても意外と受け取る反応が多かった。多分職業プロデューサーとして見られているからなのか。自分としては音声合成ソフトの初期から音楽に取り入れたりしているのでその反応が意外だった。古くはポンキッキの音楽、PLASTICSのラフトレード盤でのSpeak & SpellによるCOPYや、コンピューター上のソフトウェア音源としては、もう名前も忘れてしまったけれどずいぶん古くから試していた。

僕のシンセサイザー歴のスタートも実はEMSを使っての人声シュミレーションからスタートしている。四人囃子初期の話しなので1975前後。


さて話しを戻してボーカロイド。最初の情報を得たのはいつだろう?もちろんすぐにも飛びつきたかったのだが、時間があまり割けそうになかったことと Windows上でのアプリケーションだったことでなかなか試すこともできなかった。初音ミクも発表された時からすぐにでも使ってみたかったしその時点で試したいアイデアも色々あったのだけれど、やはり上記の理由で出会えないままでいた。
瞬く間に初音ミクは超売れっ子アイドルとなった。予想した通り、いやそれ以上の人気タレント扱いとなった。僕は始めの頃多少聴いただけだが、ネット上には彼女の声が溢れているようだ。

それがtwitter上でのちょっとしたやりとりから簡単な道が見つかった。MacでもWindowsのエミュレート上で動くことを教えてもらえた。なるほどあまりに簡単な道で考えもしなかった。と言うか例えMac上でもWindowsを動かすこと自体に抵抗はあったのだが。

ともかく、すぐに注文をした。選んだのはボカロ3代目アイドルの巡音ルカ。理由は唯一バイリンガルであること、大人しめな声なのも気に入って。

インストールしたその日に作ったのが1作目「春が咲き」(仮タイトル)という曲。先日の unsuspected monogram の関西ツアー最終日にhachi のボーカルハツエさんと共作した作品。その日のGoodnight_to_followersとしてアップされている。http://twaud.io/5wd
真っ先にやってみようと届く前から決めていた曲。結果は予想通り。音楽的に使える。インターフェースに改良の余地は感じるし、声の移り変わり(発音の)にギクシャク感はあるが、決してイヤな感じ・不快な感じと言う程ではないと感じた。昔のアナログ時代のハーモナイザー処理に似た感じとでも言おうか。80年代にアイドルもの仕事で多用したアナログ・ハーモナイーザーでのピッチ補正やメロディの補正時の記憶が蘇る。


二日目に試したかったテーマはブルース。もちろん意図的に”無機的な”ブルース。1970年代初頭(四人囃子以前)に思いつきずっと試してみたかった真面目な遊びのアイデア。40年かかってやっとできた遊び。

前半はバックもバカバカしい程の機械的演奏。と行っても昔のCV/GATE時代の様なリズム感=遅延の無いジャスト感はMIDI以後出せなくなってしまったが。
それが間奏のギターソロが入るとそれだけで趣が変わって来る。あえてオケとかけ離れた激しい歪みきったギターを弾いた。このギターのオブリが乗ってくるとルカの声の表情がそこまでと変わって感じる。そこまでは全く何の処理もしていない”素”のルカの声音。そして最後のコーラス、バンドは突然生演奏になる。ルカの声も通常のレコーディングと同様の処理。コンプレッサーのかけ具合もEQ処理も通常自分でミックスする時の方法、セッティング。軽くディレィをかけて艶っぽく。
当たり前だがそこまでのルカと存在感が変わる。急に生々しくなり、同時にそれが嘘くささを目立たせる、と言う興味深い実験。


三日目。今度はそれまでとは別のアプローチ。何かと言えば、巡音ルカさんと言う歌い手のために書き下ろした曲・詞で作品を創った。出会って3日目にして”その気”になれた。
"FALL" とタイトルをつけた楽曲。

当たり前なのだが”彼女”はその楽曲にちゃんと応えてくれる。生き生きとノビノビと歌う。実は時間が無いのであまりきちんとしたエディットができていないのが残念だが、もっと踏み込めばさらに良い歌い手として応えてくれるだろう。
自分としては予想以上の素晴らしい作品が出来上がったと思っている。

http://soundcloud.com/masahidesakuma/2010-04-20mix ←で44.1K/24bitでダウンロードできます。

「そんな機械に唄わせて何が面白いの?」「気持ち悪い!」と言う声もまだ多いかとも思う。それも至極もっともな感覚だ。
でも自分は一人の音楽家として何の偏見も無く、素晴らしい技術・進歩として喜んで”彼女たち”を音楽制作の現場に迎え入れたい。


3日間を通して短い時間ではあるけれど充実した貴重な音楽体験ができた。ボーカロイド技術の素晴らしさ、将来への期待を含めてtwitter上で開発陣に賛辞を送らせていただいた。

interface design

| | TrackBacks (0)

ずっと気になっていた LIVEを最近インストール。
なかなかまとまった時間が取れずに解釈が追いつかないけれど。

シークェンサー歴、古くは(70年代中~後半)もちろん KORG や Roland のアナログ・シークェンサーでスタートしているのだけど、その後MIDI企画ができデジタル化されてから Roland MC-8, MC-4 を多用。

roland_mc4-1.JPG

当時はなかなか職人芸の超速打ち込みをやっていた。数字入力だけだったので、むしろ今よりも気楽にできた様にも思う。


それからやっとコンピューターと呼べる時代がやって来る

一気に色々な”ソフトウェア・シークェンサー”が登場して来て、その中で【Mac Plus】に初代”Performer"の組み合わせに落ち着く。

macplus.jpeg





fairlight3.jpg

その後 Macも急速に進化し、"Performer"が”Digital Performer"になり。その間に”Fairlight CMI III”を多用

する様にもなったが、基本的シークェンサーは”Performer”一辺倒。

ProToolsがHDになり96Khz使用できる様になったので、システムをProToolsに移行。そんな時代からシークェンサーの使用頻度も減って来て、使い勝手は決して良くは無いが ProToolsで全て事足りる様になって来た。

さて、そんな歴史の話しでは無く、話しを戻して LIVE 7。

live_window.jpg今までのシークェンサーが全て、時間軸に対して真っ直ぐ進行して行くものなのに対し、LIVEはちと特殊。サンプラーに近い考えをシークェンサーに取り込んだ様な感じで、これはなかなか固い頭では理解がしにくいのだけれど、そんなことはさて置いても、インターフェース・デザインが秀逸。今までのソフトウェア・シークェンサーには無かった至極2次元の平面デザイン。慣れるまでは少し違和感があるが、とても合理的な画面構成だ。
circle_window.jpgそして、このLIVEと似たデザインのソフトウェア・シンセサイザーがある。Circle がそれ。 やはり同様に潔いまでの2次元画面。



今や”不思議なほどに”平面的デザインなのだけれど、妙にグっと来るし、確かにわかりやすい。

ここ数年(いや、もう10年以上かな?)ソフトウェアのデザインがどんどん3D化して、中途半端なリアリズムを求めて行くなか、新しい流れを感じさせるインターフェース・デザイン。
折しも ProToolsは ver.8 にアップグレードされ、更に3D化が進んだけれど、私的には、2Dデザインに軍配が上がってしまう。

*少しアグリーなProTools 8 , 3Dインターフェース・デザインのソフト・シンセ及びエフェクター群。



effects_and_ins_lrg_56421.jpg

About this Archive

This page is a archive of recent entries in the dtm category.

equipments is the next category.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01