シミュレーターの事など

|

以前書いて何故か話題になってしまった『音楽家が音楽を…』の話しの続きみたくなってしまうけれど、さっきtwitterでこんな書き込みを見た。ちょっと悲しい気持ちになった。

「シミュレーターばっかり使ってる昨今 ギターアンプ変えられるとか贅沢w」

最近は低予算や便宜上でプラグインやシミュレーターが使われる事が多い。
僕自身はそういうハイテク(古い言葉だね)は大好きなので、低予算や便宜上と関係なく積極的に取り入れている。根っからのテクノ小僧な性格も災いして、そっち方面はどんどんエスカレートしている。

例えば近年のアンプ・シミュレーターの出来は相当良い。初代Line6の時代から既にそうなっているのだけど、ヘタなアンプでヘタなマイクセッティングやらあまり芳しく無い機材で録音するよりはよほどいい音を作ることができるのは事実だと思う。
実際自分で演奏をしていてほとんど不都合の無いところまで音を作り込むことができる。

ところが、現物の良い状態のアンプで良い録音状態で演奏をした時に、それは別物だ。
たまたま僕は相当良いアンプを揃えている。ビンテージから近年の物まで、相当贅沢なアンプコレクションを持っている。
これらに良いギターを良いシールドで繋ぎ、良い(その音楽に即したの意味)マイク、マイクアレンジとマイクアンプ等で鳴らした時に、明らかに演奏の質が変わる。タッチやニュアンスと言われる感覚が変わるのだろう。

(ギターをアンプで鳴らした時の実際に出ている音はリハーサルスタジオやライブでは残念ながらわからない。音量で耳がマスクされてしまうし、スピーカーの前に耳をあてて聴くことは無謀だから)

件のブログで触れた「伝承できなくなる…」由の発言はそういう意味のことだ。それはミュージシャン自身が自分で経験しない限り決して得られない。
その違い(ホンモノ)を知っている僕はシミュレーターを使ってもいい音を作れる。でもそれを知らない・知れない人にとってはやはりいつまでも壁は厚いかも知れない。と言っても先に述べた様にヘタな機材を使うよりはずっとマシなので、更に錯覚を生みそうだ。

それはシンセやサンプラーの音作り、使い方にも同様に言える。
例えば生のストリングスを知らない限りそれを再現(に近いことを)することはできないし、それを経験できなければアレンジも音楽自体も擬似的な範囲から抜け出すことは出来ない。(もちろん非現実音は別)

そういう生の音、良い音を経験したり追求することは決して”過剰品質”にはならないし”贅沢”なことでは無かったはずなのに、いつの間にか不幸な時代に入ってしまったのだろうか。
違いを知れないことは不都合な現実だと思う。

========================= 以下続き

シミュレーターの最大の問題は、音色や機能では無く時間的遅れ。
コンピューターでやる限り、どんなに性能の良いマシンで性能の良いソフトを使っても必ず音が遅れて出る。このレイテンシーに無頓着な人が多い。

しかも昨今低予算のせいかどうか知らないけれど、プロツールスでもサンプリングレートを44.1や48kでやっているセッションが多いと聞く。サンプリングレートが低ければそれだけレイテンシーは大きくなる。
僕がdog houseに初めてプロツールスを導入した時、そのレイテンシーの大きさに愕然とした。44.1や48kでは僕の感覚では演奏できなかった。96kにしてギリギリ。

音が遅れて出る状態でいい演奏など望むべくもない。昔MIDIギターのレイテンシーが凄まじく悪戦苦闘したものだけど、要はそういう無駄な努力、感覚とのチグハグを強要される。
現状では、生との最大の違いはそこかも知れないね。

もう少し演奏にちゃんと気を使いましょう!!ミュージシャンもエンジニアも制作サイドも。

About this Entry

This page contains a single entry by masahide sakuma published on July 11, 2012 12:52 AM.

シカゴ大学 was the previous entry in this blog.

コンピューターで音楽をやる場合のレイテンシー is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01