Talking about a BOΦWY II

| | Comments (11) | TrackBacks (0)

昨夜のブログに書きき切れなかったことをひとつ。
何故僕がBOΦWYだけは再結成に拘り大きく期待をするのか。

知っている限りバンドの再結成とは:
1.良くてその全盛期の演奏・興奮の再現。
2.多くはそのバンドの全盛期には追いつけない。当時の衝動や勢いに戻れない。ノスタルジーにしかならないケースも多い。

いずれにせよ当然ながら解散期間が長ければ長いほど再結成した上でのパフォーマンスレベルの向上は難しくなる。

自分の経験から述べても、例えば四人囃子の場合かつての演奏(森園脱退以前=1976年頃か?)にはやはり遠く及ばない様に思える。全員が未だに現役の経験豊かなミュージシャンとして活動を続けているにも関わらず。
元々ノン・ミュージシャンであったPLASTICSの場合は言わずもがなだ。

そんな事から基本バンドの再結成ストーリーにはあまり興味は湧かない。

ところがBOΦWYの場合、その後の4人は解散当時とは比べものにならないほどミュージシャンとして成長を遂げている。
あの時点ですらあれほどの演奏を出来た4人が、今の各自のレベルを持って再び揃ったとしたらそれはどんなすごいバンドになるだろうかと夢想する。解散時のBOΦWYとは比べものにならないライブになるに違いない。
世界中のどのロックバンドにも引けを取らないモンスターバンドになれるかも知れない。例えて言うならU2やらストーンズやらと並べてもおかしく無い様な演奏を見せてくれるだろう。
そんなすごい日本のバンドを見てみたい。しかもそのバンドが幸いにもかつて自分がプロデューサーとして関われたバンドだ。

アルバム2枚、12インチ1枚くらいしか付き合わなかったバンドなのに今でも一番鮮明で鮮烈な記憶が残っている。そんなバンドとはなかなか出会えない。

最後にもうひとつ。
”ただのギタリスト”に戻った布袋君の演奏を見たい。その場しか彼が”ただのギタリスト”(それもとんでもないギタリスト)に戻れるチャンスは生涯無いだろうからだ。

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: Talking about a BOΦWY II.

TrackBack URL for this entry: http://masahidesakuma.net/movabletype/cgi-bin/mt-tb.cgi/225

11 Comments

佐久間信者 said:

布袋さんはもうただのギタリストには戻れないし
氷室さんも純粋にBOΦWYのヴォーカルとしては戻れないと思います。
お互いに成長したからこそ無理な部分もあります。
『当時の衝動や勢いに戻れない。ノスタルジーにしかならないケース。』
他のバンドもそうであるように、BOΦWYもかつてファンが大挙するだけで
新規のファンが沢山増える事もないと思います。
私はノスタルジーだけでも良いと思いますけど。
佐久間さんプロデュースでそうならなそうなのはむしろ
BOΦWYよりもJUDY AND MARYであるように感じます。

実現したら、すばらしいです!
彼らが高校生の頃から、身近で見ていたのでなおさらそう思います。
今回が、再結成の絶好の機会にちがいありませんね。

miki said:

はじめまして。

佐久間さんにここまで言わせるboowyのメンバーは本当に幸せですね。

佐久間さんの言葉は、どんなboowyマニアの言葉よりも重く響きました。

boowyについて語っていただき、本当にありがとうございます。

ezee said:

はじめまして
BOOWYの再結成に対する、プロデューサーからのコメント!
熱く的確な内容で感動です。

ただのギタリスト云々のくだりは、本当に同感です!
ホントにブザマな再結成にならない唯一のバンドだと思います。

yuu! said:

初めまして。
実際にBOOWYをプロデュースされた佐久間さんに、ここまで言わしめるBOOWYの凄さを改めて痛感します。
私個人的には、再結成は実際無理だと思います。
観たい観たくないは、実際それを観ないと判断できませんね。
理由として、佐久間さんが仰っている様に、元メンバーはそれぞれ別の方向性を持って道を歩み続けている訳で、それも二人に関しては第一線で・・・そのうち布袋さんは『ただのギタリスト』ではない方向で・・・・それを急に一つの方向性を持って歩み始めるのは、そうそう容易な事じゃないと思うからです。
音楽としての方向性は、今やかなりの違いがあると思われます。

そして、皆が皆、BOOWYの再結成を望んでいるとは限りません。。

ロック青年 said:

佐久間さんBOOWYについて熱く語ってますが確かに未だにバンドでは一番でしょう でも主旨は氷室さんが復興支援の活動として FANに元気になってほしいと願いを込めたチャリティーコンサートです BOOWYをやるのではなくBOOWYの曲をロックボーカリスト氷室さんが歌うだけです でもサプライズは大歓迎です こんなに男気のある人に惹かれ信じれる人に信念は揺らぎなしです。

No Name said:

LED ZEPPELINがドラマーの死によって解散を余儀なくされたのは、ドラムがバンドサウンドに占めるウェイトが大きかったからです。
そして彼らが亡きドラマーの息子を迎えたりして何度か再結成をしたが、その度にファンをがっかりさせるような演奏をしてしまいました。
しかし2007年にロンドンO2アリーナでは全盛期には及ばないものの、本人たちも納得できる素晴らしい内容でした(Youtube等で確認する限りは)。
それは、彼らがコンサートに向けて入念にリハーサルを行った結果だということでした。
BOΦWYの場合・・・どうなんでしょう?
6年間ずっとGIGで叩き上げて作り上げたサウンドに、一瞬にして戻れるものなのでしょうか。
私はそこが疑問です。

katsuyama said:

多くのファンはなぜ解散したのかもなぜ再結成できないのかもはっきりわからないまま過ごしてます。

布袋さんや松井さんのコメントにあれだけTwitterや2chで語られるわけですからみんなが観たくても観れないバンドがBOOWYなんだと思います。

U2やストーンズって表現は正しいと思います。

日本のビートルズは彼らですから。

「もし、解散していなかったら?」どんな楽曲を私たちに届けてくれたんだろうと考えるだけでワクワクしてしまいます。

ロックの楽しさをもう一度!観たいです。

fan said:

>しかもそのバンドが幸いにもかつて自分がプロデューサーとして関われたバンドだ。

これが言いたかったのか。

dnonb said:

『ホンキー・トンキー・クレイジー』で氷室の隣で
狂喜してギターを弾きまくる布袋をまたみてみたいんです。

『image down』の最後の「image down」「image down」「down!」の
氷室と布袋のかけあい(笑)コーラスをまた聴きたいんです。

4人がまたロック少年に戻るのをみたいんです。

skjmmsk said:

佐久間さんのコメントを見るに付け、熟練した4人が表現する今のBOΦWYを見たいという欲望にかられます。奇跡が起こらないですかねェ。簡単ではないと思うが・・。
大学の後輩より。

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by masahide sakuma published on April 21, 2011 4:20 PM.

BOΦWY was the previous entry in this blog.

Live : Goodnight_to_followers/五百夜 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01