BOΦWY

| | Comments (5) | TrackBacks (0)

今回の震災後不思議なほどにBOΦWYの話し、ことに再結成話しに解散以後初めて公が触れた様に思う。

震災後の布袋君のtweet「今何かできること…」の発言に対し、僕は無責任に「今こそBOΦWYを!」みたいなコメントを寄せた。
実に無責任ではあるけれど、かつての仲間の一員だった者としてそれしか思いつかなかった。そしてそれは自分にとっても多くの人達にとっても同様にずっと夢であり希望でもあったのかも知れない。


BOΦWY解散後、その後のメンバーの活動に最初に関わったのは松井君のソロアルバム『よろこびのうた』だったかと思う。BOΦWYでの立ち位置とは全く別の視点からの音楽がとても新鮮でありかつ斬新な意欲作だった。
ほとんど同時期に氷室京介の『NEO FASCIO』の企画が飛び込んで来た。
丁度そのタイミングで急な病気を患って緊急入院をした。その入院先に松井君とヒムロックが一日差で見舞いに来てくれたのを思い出す。もちろん町の小さな病院はパニックだが。

退院そうそうの初仕事が『NEO FASCIO』。病み上がりにはあまりに重い仕事だったのを思い出す。2ヶ月近くギターもベースも手にしていなかったので、感覚を取り戻すのに必死だった。「Summer Game」のギターソロ、指が痛いのに何テイク弾いたことか…。結果プロデューサー人生の中でも特別な想いのあるアルバになった。

その後ドラムの高橋まことのDe-Lux をプロデュースし、その後のバンドGEENAにも関わった。ヒムロックとも時間を置いてからまた一枚シングルに関わった。

そんな思い出話はともかく。

いまだにBOΦWYを思い返すと、あんなすごいバンドはあれ以後存在しなかったなぁと思う。もちろん時代は多様化しいいバンドはたくさん居たし今のバンドでもそうだと思うけれど。それでも当時のライブバンドとしてのBOΦWYを越える演奏ができるバンドには残念ながら出会ったことは無い。(BOΦWYとは違った視点で言えば、エレカシやジュディマリやGLAYや筋少らのライブはもちろん本当に素晴らしいけれど)
タイトでスピードがありかつヘビーなのに何とも柔軟だった。そのくせ眩しいほどの華があった。ロックのロックたる所以と歌謡曲に通じる大衆性を見事に併せ持っていた。それを究極にシンプルな構成で具現していた。

BOΦWYのことを文章化するなど生まれて初めてだけれど、そんな感想と憧憬を未だに抱く。そんなバンドだから再結成に夢を託してしまうのだな、と改めて思う。

一度解散したロックバンドの再結成ほどみっともないことは無い!と自分がロックバンドを続けていた身として確信している。それでも彼らだけは別だったな、と。

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: BOΦWY.

TrackBack URL for this entry: http://masahidesakuma.net/movabletype/cgi-bin/mt-tb.cgi/224

5 Comments

Hiroshi said:

30歳の私はBOΦWYも四人囃子も"クラシック”として聴いてきましたが、”リアルタイムだとかリアルタイムじゃない”とかは関係なくて、後世の人にも"感動”を与えているという事実は存在しています。

私はBOΦWYの熱狂的なファンではにので、尚更客観的に"タイトでスピードがありかつヘビーなのに何とも柔軟だった。そのくせ眩しいほどの華があった。ロックのロックたる所以と歌謡曲に通じる大衆性を見事に併せ持っていた。それを究極にシンプルな構成で具現していた。”というのが、おこがましいですがホンの少し分かる気がします。

ファシズム said:

こんな形でBOOWYが取り上げられるのは残念ですが、
4人それぞれの想いがあるのは当然ですものね。
再結成は確かに見たいですが、永遠にファンタジーであってもいいのかもしれない。

自分は純粋に東京ドームなんて所でチャリティーをやる氷室さんは凄いと思うし、
絶対チケットゲットして参加したいと思います。

ジュディマリや、De+LAX、GEENAも好きでした。
もちろんNEO FACIOは不朽の名作です。

そんな偉大な名プロデューサーの貴重なお話とても楽しかったです。

osamu said:

 僕は布袋さんが創造する音楽やプレイが好きです。 誰が何と言おうが好きなのですが、佐久間さんのように、総合的に広く深く音楽を知りつくしているプロが、具体的に言葉にして布袋さんを認めていることを凄く嬉しく思います。

Hiroshi said:

29歳 サラリーマンです。
直接の世代ではなく兄がBOΦWYをよく聞いてました。
また活動してもらえると嬉しいですね。
やっぱり特別なバンドですね。

skjmmsk said:

BOΦWYの再結成には、ロックファンがビートルズの再結成に夢を託したような大きなファンタジーがあるもかもしれません。確かに掛け値なしに華があり素晴らしいバンドでした。脳裏にあるバンドの生き様がずっと続いていて欲しいという想いと、人間として成熟した彼らが奏でる今のBOΦWYを見てみたいという欲求の間に揺れているファンは多いでしょう。氷室さんの発表には様々な意見があると思いますが、ファンの中には、切り取られたBOΦWYを見る事への複雑な心境があるかもしれないですね。でも20年の時を経ても話題になるBOΦWYというバンドの影響力を改めて感じた次第でもあります。
大学の後輩より。

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by masahide sakuma published on April 21, 2011 3:24 AM.

producing the music was the previous entry in this blog.

Talking about a BOΦWY II is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01