August 2010 Archives

1571377057_33.jpg


8/24からの3日間 unsuspected monogram のアルバム・レコーディングで河口湖スタジオへ行って来た。
今回のレコーディング、通常のレコーディングではなく突拍子も無いアイデアの元にスタートした。そのアイデアとは:
1) 全曲同時録音、一発録り。
2) アルバム全11曲をアルバムの曲順でライブの様に一気に演奏・録音する。
3) その模様を ustream で世界にリアルタイム配信をする。
4) その画像を後にPVやDVD等に使えるクオリティのものにする。
そして次ぎのアイデアが一番重要で一番難関となったところ。
5) そこで演奏し流される音(ustで)は通常のミックス作業をされた音=CD化(音源化)された時の音であることもしくは限りなく近いこと。(もちろん最終的な調整は必要なので100%同じにはできない。でも知らずに聴けば完成品の音になっていること)

レコード・プロデューサーとして30年超音楽制作に関わってきて、こんな興奮できる録音方法を思いついたことは無かった。こんなことを実現できるチャンスにやっと辿りつけた幸運。

実際にはわかりえないが、おそらくこんな方法でのバンドの録音は世界初ではないかと思う。ustreamの歴史の浅さを考えてもおそらくそうなるだろう。

ー それぞれのアイデア・プランの解説をすると ー
1)、2)
 自分で言ってしまうのは何だが、とにかく演奏力に関してはunsusは並みのバンドとは違う。実際いつ録音をやってもほぼワンテイクでオーケーを録れてしまうメンバー。しかもずっとライブで演奏して来た楽曲達、ライブ同様一気に演奏できないはずは無いと思えたこと。全員がその自信を持てるバンドだったこと。
 実際こんな無謀なプランをメンバーに話した時にも誰一人として反対することも無く「面白いやりましょう」と即決できた。

3), 4)
 Kampsiteのスタッフと知り合えたこと。共鳴しあえるところを大いに感じられたこと。
きっと素晴らしい映像を作り出してくれる、そしてそれを中継できる興奮。
 折角の一発録り、現場の緊張感を更に高める為にもオンエア無しではこの企画はあり得なかった。

5) ,6)
 昔からレコーディング現場で自分で演奏をする際に感じていたことのひとつ。それは最終的なバランス、エフェクトもかかりオートメーションも入った音の中で演奏をしたかったこと。演奏家の演奏中の心理に一番大きな影響を与えるのが実は音色やバランスだったりする。それによって自分はその音の中でどのポジションでどう演奏すべきかがはっきり見えて来る。ならばどうにか最終形のバランス・音の中で演奏をする方法は無いだろうか?とずっと考え続けて来たことを現実化する方法が今日の技術でやっと可能になったこと。
 そしてそのエンジニアリング、音の作りも他人の手に頼らず自分で全てコントロールすること。かつ自分はその時演奏する側=コントロール・ルームの向こう側に居ると言う矛盾を乗り越えられること。

そんな企画を実現すべく河口湖スタジオへ本番レコーディングの二日前から入る。
スタジオのSSLコンソールを使うアナログ方式は全て捨てて、全てをProTools内で完結させる為に使い成れた自分のシステムをまとめて持ち込む。Mac, Audio Interface, Speaker, Speaker Switcherやら何やら普段使用しているものを一切合切。それプラスアンプ等バンドの楽器、自分のギターやエフェクターやら。山のような荷物を引越さながらに運ぶ。

今回僕の片腕(僕は片耳と呼んでいる(笑)=何故なら年齢的に僕は高い周波数は聴き取れなくなっているので高い成分に問題が無いかを彼女に聴き取ってもらう必要がある。そしてアイデアや方法なども相談できる相方として)中崎文恵さんとスタジオに昼過ぎに到着。スタジオアシスタントの藤浪君に簡単に今回の企画・方法を説明。
今回はエンジニア3人での分業。僕が全体の最終的な音作り。中崎さんがその音に対するアドバイスと補佐及び録音当日はチーフエンジニアとして卓の前に坐る。藤浪君が録り側、つまりマイクからProToolsまでの音の制御を担当。

SSLは録り用のフェーダーしか使わないのでSSLの少し手前にコンパクトなスタジオを設営。Euphinox MC Mix+Control、ディスプレイモニター、モニタースピーカー(GENELECの1029A。サブウーファー1091A+ECLIPS TD307PAII)を正面にセット。左手側に MacPro, Apogee MiniME,+MiniDACなどをセット。右手にNovation 61SL MIDIキーボードとDigiTech Studio Vocalist, KORG KAOSS PADをセットしてスタジオ側は完了。

次々到着したメンバー、まずはドラムのホシヤンの位置決め。
スタジオ内の様々な位置でをスネアを鳴らしながら音をチェック。広いところでやるのも興味があったが歌も同録の為と音のことを考えドラムは一番端のブースに決定。
ドラムセットを組みマイクをセット。手の空いている隙に自分のアンプ、エフェクター、ギターなどをセット。ボーカルの立ち位置、ベース、キーボードの位置も決め、各自セッティングを開始。
今回はアップライト・ピアノも使うためピアノの蓋を外しマイクをセット。
ベースはエレベとウッドベース両方あるのでベースアンプは前室にセット、ウッドベースは皆と同じ広い部屋にマイクをセット。
キーボードも今回はエレピにフェンダー・ローズを使い、グロッケンもある為それぞれマイクをセット。
ギターアンプには二人とも(たっくら=Matchless Lightning15。僕=1958年製Fneder Deluxe)コールスのリボンマイク→apiのHAと言うセッティング。二人とも音量・音圧小さいのでリボンマイクでも安心。
全てのセッティングが終わり、ドラムの音決めを開始できるまでに4時間程。すでに大変!

ドラムセットはホシヤンが最近手に入れた 1960年台中期のレッドスパークルのRogers Holiday Set。素晴らしいビンテージドラム特有の鳴り。スネアも色々試しつつもロジャースの2種類に決定。音決めも順調に、いい音。
次ぎにベースをウッドも含め全部チェック。ギター、キーボードも順次音決め。
やっと全員で演奏できる。まず手始めに「neon」を録音してみる。
各楽器単体の音はどれもすごく良いのだが、混じった結果いまひとつしっくりと来ない。
あ~でもないこ~でもないと色々試してみるが釈然としない。
その後数曲録音し、ミックスバランスをある程度整え夜10時頃に終了。

それからが大変!当然(?)宴会モードに入り、それをustreamに流しながら大騒ぎ。僕は2時くらいでダウンしてしまったがみんな4時頃まで騒いでいたのでは?
翌朝チェックするとそのオゾマシイ映像がustreamにアーカイブされていたので残念ながらも削除(笑)。

翌朝8時半にスタジオに一人で入る。既にキーボードのオットーが音作りを初めている!

昨夜録音した曲を何度もプレイバックしながら問題点を探る。問題点を発見!ドラムのマイクの位相関係。自分自身でのドラム録りのエンジニアリング経験はとても浅いので起こしがちな素人エンジニアの大失敗。やっと全ての音が落ち着く。ホっと一息つきながらも本気ミックスモードに入る。
遅い朝食を取りみなでスタジオへ戻り、録音開始。
2テイクくらいづつ録音した曲を次々ミックス。
当初のプランでは初日に全曲録音し二日目は丸一日ミックス、3日目に最終確認をし本番に望むはずが、二日目終わってもまだ3曲録音できていない状態。
中崎さんは残業しもろもろ明日への準備。

少し焦りが入りつつも結局その夜も大騒ぎ!カメラマンNojyoさんのust番組からオンエアしながら、歌い弾きまくり・・・アホですこのバンド。明日本番なのに・・・などと冷めた頭もどこかへ置き忘れて一緒に大騒ぎ。
明日はどうなることやら。

三日目の朝。8時半にスタジオに入ろうと思っていたが起きられず20分遅刻。
早速録り溜めた曲のミックス開始。遅い朝食で一休みし、まだ録っていない曲の録音に入る。しかもまだ一度もやったことのないアコースティック曲のリハーサルもある。
慌ただしくマイクをセットしアコースティック・セットへ。
そうこうするうち映像のKampsiteスタッフも到着しカメラのセット等準備に入り出し、スタジオ内人数も増え一気に慌ただしくなる。もはや誰がどこで何してるのかわからない状況の中最終ミックス、調整を行う。
Sound & Recordingマガジン編集長國崎さん、一口坂スタジオ荒木さんも合流しいよいよ本番が近づいて来た。皆が見守る中最後のアコースティック曲のミックスをする。

話しが前後してしまうが、今回の方式。一旦テスト録音した音で先にミックスを済ませ、そのミックス・データ(オートメーション含む)に乗せてバンドが生演奏をするという、いわば逆転レコーディング。当然CPUへの負担も大きい、レイテンシーの問題で演奏がやり難くもなる。その2点が最大の問題点であり危険要素でもある。

開始時間ぎりぎりに衣装(今回はデザイナーのsuzukitakayukiさんにご協力頂きました。この場で感謝させて下さい。とてもステキな服です)に着替え、20時ustreamオンエア開始!

まずはサンレコ國崎さんとの対談からスタート。今回の趣旨、特殊性などを見ている方に簡単に説明。
その後最終チェックをしいよいよ演奏開始。
1曲目は「ame」。
緊張とプレッシャーの中テイクワンOK! が、僕は一箇所だけソロの経過音を半音ミス!!
ま、パンチインで直せる部分では無いので仕方ない。(後で聴いたら全くわからない間違え)
2曲目「忘却」3曲目「commentator」・・・と順次録音。
その間ustreamには嬉しいコメントがたくさん寄せられて来る。まさにライブな感じだし、見ている人達と一緒に作り上げている気持ちになって来る。前回のThe d.e.p.の時もそうだが、そこがust生中継レコーディングの醍醐味になって来た。

曲によっては何度もやり直したりして、思いの外時間が掛かってしまった。
11曲だから1時間半くらいで全部録れるかな?と軽く思っていたのが結局5時間半ほどの長丁場。
それでも終始笑いながらにこやかなメンバーとKampsiteスタッフ、CircularToneスタッフ、終始冷静にハンドリングしてくれたエンジニアの中崎さん、藤浪君に囲まれ全曲レコーディング終えることができた。
たった5時間半で全11曲のアルバムレコーディング、もちろん初の体験だ。アルバムレコーディングとして自分の中で過去最短時間だったのは The Blue Hearts の「Young & Pretty」で確か5日間。それと比較しても異様なスピード記録。

連日の作業と寝不足のせい(宴会のせいだ!)もあり、途中さすがに疲れてしまいギターを弾く腕が動かなくなったり爪を割ってしまったり。でもustreamを見ている方達の書き込みにも後押しされ最後までちゃんと演奏に集中することができた。

終わってみて、改めてメンバーを見直した。すごいバンドになったと思う。まずはメンバーに感謝!

無謀な企画だったが得るモノも大きかった様に思う。
もうこんなレコーディングをすることはまず無いだろうが、一個人の思いつきに大勢のスタッフ、メンバーが協力してくれて、累計14,500人を超える方達にustreamの中継を見守っていただき激励され、温かい言葉を寄せていただました。この場を借りて心から感謝します。

引き続きミックス、リリースへ向けての動きが次々と待ち受けている。
がんばるしか無いね。

hakubaLg.jpg


Goodnight_to_followershttp://twaud.io/users/masahidesakuma)と名付けて2月から毎晩寝る前に作り始めた通称「おやすみ音楽」が今夜で丁度半年を迎える。180夜超、すでに180曲超を作ったことになる。
作ったと言っても正規な意味合いの作曲行為では無く、その多くは即興的な演奏。アレンジと言える程ではない成り行き任せの音の配置。

久しぶりにそのアーカイブを聴いてみた。もちろん180曲も聴いている余裕は無いので、ここ最近のもの達を。

普段はネットにアップした後確認の為一度聴き、それ以後はほぼ聴き返すことは無い。
そんな自作の楽曲達をまとめて聴いてみる。

作っている時に感じている以上に、どの曲も真剣だ。思ったよりずっと真面目な演奏をしている。
聴き返しながら、その音の端々に過去に自分が見てきた”景色”(風景の意味では無く)の様なモノが垣間見える気がした。

自分が辿ってきた半世紀以上の人生。その間に見・感じ・思い・聴き・聞き・触れてきたたくさんの”景色”の数々が音を組み立てている様に思う。

「そうか、音楽ってそういうことなんだな・・・」とまた改めて気付く。

オリジナリティとは、決してメロディや楽曲の組み立てや音色等の事などでは無く、その人間の生き方なのだろうと。早川義夫さんの「いい音楽はいい人間にしかできない」と言う言葉、やはりその通りなんだな。


【unsuspected monogram at basement bar / shimokitazawa】


ブログ書くのだいぶ遅くなってしまいましたが、CircularTone Recordsのお披露目関東ツアー3日間無事終了しました。出演アーティストの方々、スタッフ、関係者の方々本当にありがとうございました。

7/24 ~ 26の3日間。秋葉原グッドマンを皮切りに西川口ハーツ、下北沢ベースメントバーまで一気にライブ三昧。各ライブ、hachi, Cojok, タイフーンミニスターズ, unsuspected monogramのCircularTone4グループに加え、24日のゲストにMerpeoples, str@ay。25日のゲスト str@ay, ウラニーノ。そして最終日ゲスト Merpeoplesを迎えての楽しい日々。

Merpeoplesは今一番と言っていいくらい好きなバンド。ボーカルのシャルロットの歌・メロディ・言葉・ギター。それに真っ向から勝負する(?)ディストーション・キーボード。しなやかなのに妙に強さのあるリズム隊。70年代後期から80年くらいにニューヨークあたりで演っていそうなサウンド。とてもニューウェーブでとてもポップ。

str@yはもう10年以上前にプロデュースしていたグループ。ボーカル安田ヒカルのシニカルなくせにポップな楽曲・歌と清水吉一君のポップ・アイドル的(?)なギター。あの音楽性にしてはアイドルっぽい評価。そこのバランスがいつも面白く、大好きなバンドだった。

そしてウラニーノ。今回も出演者含め皆に感動を届けてくれた北関東バンド。いつ会ってもやっぱり大好きだなと実感してしまう3人のメンバー。今回も本当にありがとう!

そんなゲストを迎えてのライブ。動員はまだまだこれからだけれど、音楽的内容としてはとても充実していたと思う。
CircularToneの4グループもゲストもそれぞれに強力な個性を持ち、かつ音楽的にバッティングする部分が全く無い関係性。3時間超のライブをずっと飽きずに楽しめるバンド達。どのグループも当然優劣など付けられるはずも無い素晴らしい演奏だった。

こんな音楽があります。と日本中に、いや世界中に届けられたら、届けて行こう!
また楽しいイベントを企画して行きます。各バンドも積極的に動いて行くと思います。

まだまだスタートしたばかりのヒヨッコのCircularTone Recordsだけど、グルグルと循環しながら大きなサークルを描いて行きます。