tour final at organ-za

| | Comments (6) | TrackBacks (0)

今回の阪神~中国地方ツアー最終日(6日目)は広島ヲルガン座

福山のホテルを定刻に出発。一路広島へ向かう。
まずは広島のビックカメラへ直行。早川義夫さんが iPhone をツアー中に買いたいと言っていたので皆でお付き合い。
が、細いな事情により今日は断念。
会場入りまで4時間ほどあるので、ビックカメラで解散・自由行動となる。

とりあえず広島駅に向かい市電に乗り紙屋町へ。久しぶりの広島、市電に乗ってすでにいい感じ。
紙屋町からぷらぷら歩いて、ひろしま美術館へ。
hiroshima-museum1.jpg

hiroshima-muse2.jpg 初めて来たけれど素敵な美術館だ。ぐるっと見て周り、また熊谷守一の作品に出会う。「瓜」と「薔薇」の2作品。板に油彩の絵。線の力強さとベタ塗りの着色がやっぱり好きだ。 「一枚欲しいなぁ~~」なぞとしょうもない事を思いつつ。

一通り見て美術館のティールームで休憩。のつもりがつい小腹も減って、ホットサンドとコーヒーのセットを注文。


またぷらぷらと歩き原爆ドーム前へ。
a-dome.jpg何度見ても心の中に”鉛”をトロっと溶かし入れられる様な気持ちになってしまう場所。暗い歴史のシンボルと言うよりは、それ自体が完成されたアートの様で、”できれば見たくは無かった”芸術作品の様に映る。
多分子供時代からの刷り込みなのか、感情移入をし過ぎてしまうのか。ともかく自分にとって特別な場所には違いない。それはこの広島の街そのものも。


元安橋たもとの Caffe Ponte のテラスで休憩。ワインとポテトのローズマリー和えをいただく。日差しが柔らかくて、少し肌寒いけれど気持ちいい場所。
caffe_ponte.jpg
本当にいいところだなぁと河を見つめ、大好きなパリのセーヌ河畔を思い出す。同じ様な佇まい、街へのとけ込み方なのだろうか。
honkawa.jpg

ワインを飲んでいるとちょっとしたアクシデント発生!長くなるのでその件は別のブログにと思っているけれど。
ともかく、そこで約30分ほど『生と死』を見守っていた。


以前にも書いたけれど母は広島出身。海軍士官だった父と出会ったのもこの街。
結婚し母は呉に移った。それが幸いし原爆が落ちた時二人で呉の海岸からソレを見つめていたと言う。すさまじい光と熱風を感じ、その後に立ち上ったキノコ雲を見つめながら、ソフトクリームみたいだな、と母は思い、父は隣で長かった戦争が終わったことを実感していたと言う。

終戦と共に逃げるように二人は東京に出た。それ以後自分が知っている限り母は一度だけ一人で広島を訪れた。生涯家族と来ることは無かった。
元安橋を渡りながらふと思う。母はこの地に戻りたく無かったのかもしれないなと。
僕がまだ小さいころから広島の話し、親の話し、原爆の話し、居なくなってしまった友人達の話しを(何故か養女に行っていた先の家族の話は一度もされなかった)幾度となく聞かされた。明らかに彼女はこの街を好きだったように思う。なのに、行ってみたいな、戻りたいな、と彼女が話した記憶は無い。

もし二人がこの地に留まり、僕もこの地に生まれ育っていたらどんな人生だったのだろう。それも悪くなかったかもな。そんな事を考えながら今日の会場ヲルガン座を目指し歩く。


新見さん達と別行動だったので一人見知らぬ階段を登っていくと、店の奥に新見さんの姿発見。
早速ヲルガン座の店主イズミさんにご挨拶。噂に聞いていた通りキュートで素敵な方。お店も雰囲気があり、中二階の座敷(?)席があるのもいい感じ。
昨夜一緒だった『ガール椿』のメンバーも来ていたのでご挨拶。
一斉に「初めまして~!」(昨夜からのちょっとしたギャグの続き)

準備をしリハーサルを始めたが、機材は昨夜と同じトラブル症状。時折ノイズが出たりレベル変動があったり。
う~む、逃げようが無いので今夜もそのまま敢行するしか無いな。東京に戻るまでは直しようの無いトラブル。かと言ってトラブルの元TC-2290を信号系の事情によりバイパスすることもできないので。

開演し、ガール椿の演奏を楽屋で聴く。前夜よりバランスも良く気合いも入っているようだ。

さて出番。この店はステージに幕があるのでゆっくり準備ができる。幕がある方が却って変な緊張をせず演奏に入っていけるので好きだ。

イズミさんの「お願いします!」のキューで始まった昨夜の演奏。途中ノイズ・レベル変動に前夜同様悪戦苦闘はしたけれど、集中力のあるいい演奏だったように思う。早川さんも絶好調。
途中休憩をはさんでの90分強、ツアー最後に相応しい充実した時間だった。

終演後撤収し、マネージャーの新見さんは一足先に東京に向け出発。「お気を付けて~!」
残された早川さん僕とガール椿、スタッフの皆さんとで引き続きヲルガン座で打ち上げ。おいしい食べ物もたくさん作っていただいて、とても楽しい時間を過ごせました。ガール椿のみなさん、ヨシダさん、イズミさん遅くまで本当にありがとうございました。
また、いつか「初めまして~!!」を。

girl_tsubaki.jpg organ-za.jpg

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: tour final at organ-za.

TrackBack URL for this entry: http://masahidesakuma.net/movabletype/cgi-bin/mt-tb.cgi/160

6 Comments

吉田 said:

二日間御世話になりました。
福山、広島楽しんでいただけたでしょうか?
またぜひ広島に遊びに来て下さい。
本当にありがとうございました。

THANK YOU MUSIC 吉田

Rebekka said:

ツアー最終日、お疲れ様でした!

セーヌ河のような場所、広島にもあったんですね。
赤ワインとポテトも美味しそうです^^;

>アクシデント発生
むむっ…どうされたのでしょう…^^;

To Jackeee

何だろね?たまたまあんな空の按配でしたよ。
この写真、何だか重いね。

Jackeee said:

ドーム(元、県産業奨励館?)の写真ですが
左の空が鈍色の空
右に青空が差して
何とも言えない気分の写真ですね。
偶然?なのかは計り兼ねますが…
以前に訪れた時の事を思い出しました。

to ガール椿の皆さん

こちらこそありがとうございました。
また是非一緒に!

ガール椿 said:

 二日間もご一緒させていただき本当に光栄すぎました。
 嘘みたいな時間でした。
 また、いつか広島に来てください。
 「はじめまして~」って。
 
 ありがとうございました!
      
 ガール椿一同
 

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by masahide sakuma published on December 7, 2009 5:27 PM.

day 5, fukuyama polepole was the previous entry in this blog.

day 7, back home is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01