kasaoka, moe

| | Comments (2) | TrackBacks (0)

20091202
廊下の窓から差し込む朝日の明るさで目覚める。眩しく暖かな光が洋館の壁を照らしいい雰囲気。
顔を洗いとりあえず外出。
guggen5.jpg
塩屋駅へ行ってみたが喫茶店も何も無いようなのでJRに乗り元町へ。駅前の上島珈琲で軽い朝食を取り、元町から三宮までぶらぶらと散歩。この界隈を歩くのは何十年ぶりだろう。多分20代の頃以来かもしれない。
imgmotomachi.jpg

sumabeach.jpg

塩屋の旧グッゲンハイム邸へ戻りコーヒーをいただき、少し休憩後初めて行く岡山県笠岡市までマネージャー新見さんの運転でドライブ。
途中パーキングエリアで昼食に天おろしそばをいただく。

笠岡に着く小一時間前から寝てしまっていたようで、目が覚めると今日の会場『カフェ・ド萌』の前。
店内に入りキョロキョロ。壁にはこの店で演奏しているフォーク界の御大達の写真がところ狭しと飾られてる。中でも目立つのが高田渡さんの写真の数々。日本フォークの殿堂の様な雰囲気で僕的には少しドギマギしてしまう。
cafe_de_moe.jpg
コーヒーをいただきしばしゆっくり。リハーサルまでだいぶ時間があるので一旦今日の宿三洋旅館へ。
旅館の和室で一人所在無く時間をつぶしているのも何なので近所を散策。まずは笠岡の駅へ向かいそれからぷらぷらとお散歩。
kasaokastation.jpg
リハーサルを終え風呂に入り20時からの本番に備える。20時〜22時がこのお店のライブ時間と決まっているようで、23時には閉店するとのこと。ところが後で聞いたのだが、毎日7時オープンで朝食に始まりランチタイム〜夜までずっと働き通しとのこと。すごいなぁ。。。どう考えても寝る時間が少ない。

さて、ライブは定刻にスタート。
店内にはぎっしりのお客さん。ギターを弾く目の前まで。あまりに至近距離で手元から何から丸見えな感じがして、妙に緊張。一音一音全く気が抜けない演奏になってしまう。
とは言っても徐々に和み、暖かいお客さんに囲まれいい感じに時が進んで行く。
以前の前橋とかもそうだったのだけれど、狭い会場だと普段やらない様な予想外ないいギターを弾くことがある。昨夜もそのハプニングが起きる。早川義夫さんの歌はいつでも絶好調!(に聴こえる?w)

こうして二日目も無事に終わって行く。初日から記憶無くされた方が一名いらっしゃったので二日目はお酒控えめ!

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: kasaoka, moe.

TrackBack URL for this entry: http://masahidesakuma.net/movabletype/cgi-bin/mt-tb.cgi/155

2 Comments

s said:

湯田温泉はいい湯です。
倉敷はいかがですか?
Hさんはうまくいってるでしょうかね(笑)

Rebekka said:

>初日から記憶無くされた方が一名

もう…佐久間さんてば、しょうがないですね…(違)^^;
引き続き無事を祈ります!

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by masahide sakuma published on December 4, 2009 12:26 AM.

guggenheim house was the previous entry in this blog.

zancro blues at ube is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01