guggenheim house

| | Comments (0) | TrackBacks (0)

昨夜(12/1) 神戸旧グッゲンハイム邸からツアーはスタート。
グッゲンハイム邸は今年築100年とのこと。とても素敵な洋館。100年も前にこの建物を造った建築家・設計士・大工が日本に居たことがすごいなと思うが、考えてみればそれ以前の日本の建築の歴史を思えば、こういう家を作るのは案外造作ないことだったのかも知れない。
ひとつひとつの建具、天井の造りなど羨ましい限り。
guggen1.jpg
guggen3.jpg
guggen2.jpg


リハーサル前に早川さんがピアノを弾き始めるなり、音響的にもとても優れていることに気づく。
yoshio_guggen2.jpg

さてツアー初日の昨夜。ありがたいことに満員のお客さま。
hachiのハツエさん、ユーゾー君とタイフーン・ミニスターズのシライシさん、マサコさん(以前から連絡は取り合っていたがお会いするのは初)も来てくれた。本番途中休憩時にhachiを紹介し、軽く歓談。

建物の雰囲気のせいか妙な緊張感があるけれど、お客さんはとても温かくいい感じ。一曲終わる毎の反応もすごく良くて演奏しがいがある。リハーサル時に心配だった電圧不安定(電圧が少し低い様子)も幸い本番ではあまり気にならず、演奏に集中できた。

最近と言うかここのところずっと『身体と歌だけの関係』が終わるまで変に緊張している。この曲が終わるなり急に気持ちが解放されて、一気に自由に演奏できるようになるのは何故だろう。
最後の『からっぽの世界』とアンコール2曲(『いい娘だね』『堕天使ロック』)我ながら久しぶりの快演だったように思う。

終演後同じ素敵な空間で打ち上げ。スタッフの方達含め遅くまで楽しい宴席だった。
いい建築はいいね。

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: guggenheim house.

TrackBack URL for this entry: http://masahidesakuma.net/movabletype/cgi-bin/mt-tb.cgi/154

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by masahide sakuma published on December 3, 2009 6:03 PM.

on the road, december 2009 was the previous entry in this blog.

kasaoka, moe is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01