the axis-49

| | Comments (3) | TrackBacks (0)
Axis.jpg

C-Thru Music の "Axis" というMIDI Keyboard controller。
蜂の巣状の突起が全て鍵盤で、下の図の様な音の配置になっている。


axis49_notemap-med.jpg

よく見ると、ドミソ(CEG)とかラドミ(ACE)とかが隣接して三角形に配置されている。縦列は全て5度配置。
左上から右下へ向けてディミニッシュ音程。左下から右上へは増5度(オーギュメント)の列。
こういう配置なので、例えばドミソの和音は指一本で押さえることが可能。指2本で、ドミソシレ#ファと、Cmaj7/9/11 みたいな複雑なコードを押さえられてしまう、と言うオソロシク合理的なキーボード。
で、その本質は、ひとつの運指を覚えればそれを盤面上ずらして行くだけで、どのキー(転調)になっても指のフォーム(運指)は全く同じで演奏できるという優れもの。

昨日届いたので、早速試奏。
もちろん難しいし混乱しまくるけれど、予想外に習熟スピードは(おそらくノーマルな白鍵・黒鍵のキーボードより)早いように思える。

これから受け入れられて行くのか、一時のあだ花で終わるのかは不明だけれど、音楽の可能性を広げる発想と完成度に期待をしたい。
それと、今日スタジオでみんなで遊んでいて思った意外な面として、高齢者の音楽療法に良さそうに思える。運指と頭の働かせ方と意外な自由さ。つまり長年のキーボード経験無くとも始められる平易さを備えている。

YouTubeで『axis-64』(僕が購入したものの上位バージョン)と検索すればたくさん出てくるので、興味もたれた方は是非どうぞ。
ちなみに、多分まだ国内発売(ディーラーも無いかな?)はされていないと思います。メーカーHPよりオーダー可能です。

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: the axis-49.

TrackBack URL for this entry: http://masahidesakuma.net/movabletype/cgi-bin/mt-tb.cgi/120

3 Comments

msk said:

ご回答ありがとうございました。

鍵盤を熟知された方のご感想非常にためになりました
また、僕はギターをかじっておりますので
ギターでの例えが非常に分かりやすく感じまして
なるほど、ああいう感じなのかなという印象も描かれました。
ありがとうございます。

まだデバイスとしては成熟の余地がある印象も受けました
ますます注目してみていたいと感じます。
ありがとうございました。

mskさん、はじめまして。

表現力として見た場合は、どうなのでしょうね。いずれにせよ、習熟が必要なので、その上で初めて表現まで行けるのでしょうから。

今のところ(と言ってもまだ一日しか触ってませんが)例えばギターに置き換えれば、奏法がタッピングをしている感覚に近いようです。つまり音は早く移動できるけれど、肉体的な(力加減とかの)レスポンスが非常に曖昧な感覚とでも言いましょうか。

ただ、この合理性の上に乗っ取ったところで、新たな音楽的アプローチは当然生まれてきそうですね。そういう意味でも興味深いインターフェィスだと思います。

msk said:

はじめまして

件の動画を見まして、興味深く思っていました
僕は鍵盤のことは無知なので是非とも伺いたいのですが
動画を見たときの感想として
その鍵盤は、脳の感情出力を直感的でストレス無く
表現できる入力装置と感じましたが

従来の鍵盤や他の弦楽器などに熟知した演奏家の方の
ご感想としてどちらが表現しやすいかなど
お話いただけましたら幸いに存じます。

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by masahide sakuma published on October 1, 2009 11:29 PM.

the night of sensual pleasure was the previous entry in this blog.

however is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01