June 2009 Archives

今日の業務は打合せからスタート。某RZバンドの件。
日本には珍しい種類の素晴らしいバンドなのだけど、抱える問題も大きそうな。思わず「バンドって難しいですねぇ・・・」と当たり前のことを口走ってしまった。
今週のリハーサルに立ち会って『経過観察』と行く感じです。

その後は元BOOWYのドラマー、高橋まことと対談。
久しぶりに会うまこっちゃん、もちろん相変わらずなのだけど、何と対談用に昔の手帖を持参! それは1985年の能率手帖。BOOWYと初めてやった3rdアルバム『BOOWY』のレコーディングをした年。日々のできごとを小さ〜な字で(しかも予想外にきれいな字)びっしりと書かれている。レコーディング初日には、ドラムセットのセッティング図まで細かく書かれていてちょっと感動。ツーバス(バスドラムが二つのセット)だったなんて全く記憶に無かったなぁ。
久しぶりに昔話に華が咲く。
当時のマネージャー、ビッチャンももちろん同席。が、途中フェードアウト・・・が、夕方に偶然事務所界隈で発見!逃げても無駄さ〜(笑)。

その後は歯医者さん。
最近今までずっと通ってたところを止めて、通い始めた女医さん。
アシスタント(歯科衛生士だか技工士だか)の女性2名とやっている小さな町医者なのだけど、治療室に入るとびっくり! そこはもう異空間。旧語で言えばハイテク。でももっと不思議な、エヴァンゲリオンの様なちょっと秘密基地めいてもいる。その女医さん、どちらかと言えば医者よりは弁護士の様な、とにかく聡明でキリリとしていて、どこにも迷いを感じさせない口調のスレンダーな美人。アシスタントの女子2名もキュート。。。これで人気出ないわけ無いよね〜・・・な歯医者さんであります。案の定予約はいつもビッシリ。今までの歯医者さんは全てにおいて、ここと真逆だったので更に異質に感じる。
今週末から早川義夫さんと九州ツアーなので、次の予約はずいぶん先。

さて、その後しばらく連絡待ちで待機してから unsuspected monogram のリハーサルへ。うむ、今日は見事なスケジューリング。

今日もいつも通り、各楽曲のひたすら地味に真面目に、かつ大胆にふざけながらの練習。モノになって来た曲、まだまだほど遠い曲と様々。いずれにせよ相変わらず本当に難しい。
途中打合せを挟んで、4時間みっちりリハーサル。
その間に某女性からずっと待っていた電話がかかって来た。とても嬉しい連絡で”ホッ”と一息。

で、明日もこのメンバーでのレコーディング仕事。諸般の事情により朝11時集合。
ガンバロー!!

composing

| | Comments (0) | TrackBacks (0)

*)バンド(unsus) の web がどうにか立ち上がりました。まだ情報も何も無いし、装丁もまだまだですが、とりあえずスタート(見切り発車?)です。

http://unsuspected-monogram.com
長い目で見てやって下さい!


さて。
ここ最近急に作曲作業が増えて、日々かなりバタバタな状態ではあるのだけど、音楽をやっていられるだけでも(ライブも含め)本当に幸いな事だなぁ、と改めて感謝しています。

作曲に関しては「いつでもどこでも、その気になれば必ず作れる!」を心情・立て前としてずっとやって来た。その場のその瞬間のインスピレーションさえ逃さなければ(一瞬に集中できれば)いつでも可能だと。出来不出来は別の話なのだけど。

つい先日唐突に思いだしたこと。
昔(確か18か19歳のころ)当時やっていたバンドにレコーディング(今で言うメジャー・デビューにあたるのかな)の話しが来て、当時のSONYの有名プロデューサーの方と話しをする機会があった。その時言われたのが、
「二十歳越えたら急に作曲ってできなくなって来るから、今のうちにどんどんストック溜めておいた方がいいよ」と言った趣旨の内容。
「ふ〜ん、そうなのかも知れないなぁ・・・」と思いながら、実際には釈然としない気持ちを抱いていたのを思い出す。と同時に「じゃぁ、30になろうが50になろうが関係なく、今の気持ちで音楽を作り続けていられる人間になってみせる!」と本気で意気込んだ。

多分中学生の頃からか、ちょっとした拍子にどんどん音楽が湧き出てくる様な体質(?)になっていた。絶好調だったのが部屋の掃除をしている時とか、買い物の道すがらとか、学校の帰り道とか。自分の意識(集中)と関係無く、それこそ湧き水のごとく、頭の中にいくらでも音楽が湧き出てきた。もちろん、それがいい曲であったか否かは別問題で。

前述のプロデューサーの方から言われた話しから「確かに今までの湧き水の様な音楽の出て来かたからは変わっていくのかも知れないなぁ」とも感じた。

その予感は当たっていたけれど、それでもいつでも作れる能力(?)はこの年になっても幸い生き続けてくれているようだ。

いつでも作れる・・・けれどそれは「いつでも悩んでいる」と実は同義語だと思う。作る行為は「苦悶し」「葛藤し」「精査し」「興奮し」「妥協し」「何度も何度も出発点と己の足下を顧みる」様なこと。
湧き水状態で無い限り、とてつもなく疲れる行為だ。そして、湧き水では誰も説得できないことを知っている。

そんな作曲活動の日々。悩み苦しみ、焦り(これは職業だからかな?)、動転し、無駄な程に自分を疑い・・・。そんな中、どうにか自分の居場所を見つけられる楽曲を作る作業。
こんな苦しいことも、こんな楽しいこともなかなか無いな、と思いながら日々邁進。

ところで、先日からの175R作業が一段落。
とても良いモノが出来たかな。

ask sakuma a question のページに BrazilのJoão君(さん?)から以下の書き込みがあった。(以下、長くなります)

I think that on japanese rock(or music in general) the bass really stands out , sometimes being in a main role on the music, kinda different then on western where it's often hidden on the mix.I realize that on rock bands from the 80s and 90s(specially visual kei bands) but also on old bands like Happy End and Off Course, do you think there is any particular reason for that?(ok, I know that's a really silly question)

【訳:日本のロックでは(あるいは全般的に)ベースが飛び抜けて大きく感じます。時には音楽のメインの役割を担ってしまっているほどに。通常ベースはミックスの中に隠れてしまう西洋の音楽のバランスとは違って。そういうロック・バンドが80年代~90年代(特にビジュアル系)に多く見られると思うのですが、”ハッピーエンド”や”オフコース”と言った古いバンドにも見受けられます。その特異性の理由って何なのでしょうか?(すみません馬鹿げた質問で)】

考えてみた。とても”馬鹿げた”質問などでは無いと思えた。これは日本の音楽の特異性・特殊性(欧米に対し)のある一面を見事に捉えた質問なのじゃないだろうか。

80~90年代の日本ロックに関しては僕自身認識していることでもあるが、それらに限らずハッピーエンドやオフコースと言ったものも、と言う指摘に驚いた。
ハッピーエンドに関してそういう認識は全く無かったので確認がてら聴いてみると、もちろん楽曲にもよるが、ベースが異様に大きいものがある。僕のイメージでは細野さんと言うベーシストはむしろミックスの中に埋もれるベースを指向するイメージがある。にも関わらずこのバランスは確かに異常だ。何故に?優れたベーシストだったから?否!

そう思うとハッピーエンドと同時代、四人囃子の一枚目(僕では無く初代ベーシスト中村慎一時代。自分の演奏に関してはある種客観的な判断が難しいので)も、例えばピンクフロイドなどと比較すると明らかにベースラインに耳が行くのは確かだ。

僕がベースを始めた頃(確か1973~4年頃。四人囃子の前のバンド、MythTouchからベースを始める。それまでは12歳からずっとギタリスト)実はベースの存在意義があまりよくわからなかった。ひとつには自分が邦楽(長唄)どっぷりの環境に育ったせいもあるかも知れない。知っている限り邦楽にベースと言う概念は無い。ギターよりずっと前に三味線をやっていたので、アンサンブルの中にベースと言う概念は全く無かった。コードの概念すらも曖昧だった。
なので、ベースを始めたものの何をどう弾けば良いのか、しばらく暗中模索。考えられたのはクラシックにおける低音の役割(いわば、ピアノの左手?)実際そういう感じのベースからスタートした。低音楽器の真の役割など知るよしもなく、音程を聞きとりづらいからとアンプのベースをカットしトレブルをめいっぱい上げたベース音で演奏していた。

その後四人囃子に参加しても、まだよくわからないままに続けていた。それが『ゴールデン・ピクニックス』と言うアルバムの制作中「レディ・バイオレッタ」と言う曲を演奏しながら突然悟った。何故にベースが必要なのか、その存在理由と必然を。
その日以来、実に自由にベース演奏が出来るようになった。長年ギター弾きだったのに、ベースの方が楽に演奏できるようになった。
その時知った重要なことのひとつが「ベースは聴こえなくてもいい。存在していればいい。」の様なことだった。

それから何十年も経ってその意識を再度実感したのが、ポール・マッカートニーの東京ドームの公演時。ポールがベースを弾くと、ベースが聴こえなくなる!でも明らかにそこに実在している!!耳でベース音を追うことができなくとも、素晴らしい演奏だった。明らかにベーシストの理想像だった。

プロデューサーとして色々なバンドに関わり、いつの頃からかミックス時に「ベースをもっと上げてください」と注文するバンドが増えた。時代的には確かにビジュアル系の台頭と時を同じくしているかも知れない。

推論:
日本には元々ベースと言う概念が無かったが故に、ベースを耳で聴こうとしてしまう。故に音量が上がってしまう?(ちょっと単純過ぎる推論で、どこか居心地が悪い様に感じる)

先日のunsuspected monogram のレコーディング中に、エンジニアの競君、ベースのスナパン、他のメンバー交えこの話題をしてみた。もちろん結論など出ないけれど、深い話しになった。

ベーシストの方、エンジニアの方、アレンジャーやプロデューサーの方。一緒に考えていただけたら幸いです。

今週の月曜日はすごく久しぶりに『175R』のリハーサルに立ち会う。何年ぶりだろう?とにかく久しぶりで、懐かしくもあり、何も変わっていないメンバーが可笑しくもあり。相変わらずのいいヤツら。来週からのレコーディングに向けての作戦会議リハーサル。

さて、火曜・水曜は unsuspected monogram でのレコーディング。なのだけど、バンドのレコーディングでは無く、ある意味「お仕事」の録音をバンドでという依頼。(依頼者は私?)
二日で一気に4曲仕上げる(8割方)と言う若干無謀なスケジュールなのだけど、このバンドなら楽勝でしょう、と思ってのスケジューリング。

初日4曲のリズム録り。いつも通り一番時間がかかるのが音決め。演奏は相変わらずワンテイク目からほぼオーケーなのだけど、真面目に何度か試みつついいさじ加減を探す感じ。
unsus で演る場合、基本的に演奏者がオーケーを出せばそのテイクがオーケー・テイク。「う〜ん、どうでしょうね」と誰かが言えば、じゃもう一回!と言う調子。

と基本姿勢は同じなのだけど、ふと気づくといつものバンドレコーディングと違って、どこかプロデューサー視線で音に接する自分が居る。自分でも予想外に細かいこと、例えばギターの音色であったり、ドラムの些細なところであったりに耳が行く。もちろん仕事なので仕方が無いし、当たり前なのだけど、どことなくいつもと違う自分のスタンスにちょっと居心地が悪い感じがする。

そんな中、メンバー全員当たり前のように本当に素晴らしい表現をしてくれる。ありがたいことです!と思いながら、このバンド始めて良かったなぁ〜〜、と今さらに思う。

仕事の内容は折を見て発表いたします。さ〜て、まだまだ続きがあるぞ! みんなガンバレ〜〜!!

昨夜は unsuspected monogram のリハーサル。今月はやっとマトモな(?)バンドらしく、初めて週一回、毎週月曜の夜にリハーサルを取っている。

昨夜の実感=「unsus.... 手強し!」

自分で曲を作っておいて言うのも何だが、どの曲も本当に難しい。昨年レコーディングした4曲はだいぶこなれては来たけれど、それでも一瞬の油断が命取りになるような楽曲揃い。で、今回レコーディングした新曲4曲の手強さはその比では無い。

楽曲の問題だけでは無く、ギタリスト3人を前提に始めたバンドなので、なかなか参加できない幽霊部員(?)SO君のパートの穴埋めがキツイ。しかも彼がオッソロシク優れたギタリストであるが故にたっくらと二人して悪戦苦闘。ところが相方のたっくらはこのバンドにおいてはボーカルが主となるので、ギターの戦力はさらに半減。
当初、困った時はsynth担当のOTTOにギターを弾いてもらえばいいか(彼はギター弾きでもあるので)と思っていたけど、synth 部門もライブ構成では目一杯忙しく今のところ無理。
などと言っているといつまで経ってもライブにはほど遠いので、ひたすら全員『精進!』あるのみ。

昨夜は一曲SO君パートの”地獄のアルペジオ”に挑戦。この楽曲、もともとはそういうパートは無かったのだが、SO君があまりに見事な演奏をしてくれたお陰で、そのギター無しでは全く成立しなくなってしまった曰く付きの楽曲。5分強のサイズの曲をひたすら我慢のアルペジオ。自分のレコーディング・パートはたっくらに任せっきり。ひたすらバレーと開放を細かく繰り返さなければならないので、一曲終わると人差し指が言うことを聞かなくなってしまう。う〜〜ん、鍛えねば!
思えばリズム隊二人もコーラスで”地獄”を見ている。あんなの弾きながら・叩きながらのコーラス・・・あり得ないなぁ。と全員たいへん!!

そんなバンドの初ライブが9/20になりそうとの連絡が入った。(非公式なのはもう少し前にあるかもしれないけれど)当初6月か7月にと思っていたので、だいぶ先になってしまったけれどそれまでひたすら『精進!』です。
決まったら詳細をお知らせします。

kamakura

| | Comments (3) | TrackBacks (0)

(前置:kamakura or 鎌倉と書くと、いつも以前関わったHAGANEと言うバンドのベーシストを思いだしてしまう。いいヤツなんです、ツアー中に河に流されてしまうくらい!)

今日は一年ぶりの鎌倉:歐林洞ギャラリーサロンで早川義夫さんとのコンサート。ゲストには水橋春夫さん。

毎年あじさいの季節の鎌倉ライブ。もう4〜5年続いているのかな?一昨年、この場所で演奏したのがバイオリンのHONZIとの最後の演奏だった。あの時のHONZIの演奏・歌、今でも鮮明に覚えている。スゴかった!本当に。「HONZIとできるのはこれが最後かも知れないな・・・」と感じながら演奏していた。同時に同じ音楽家として自分はここまで行けるのだろうか?と自問自答しつつ彼女のバイオリンに感動しながら、お互いにこんなに触発しあう時間を共有できた喜びの中に浸っていた。そんな事もあって昨年の鎌倉は妙にサミシイものだったのを思い出す。

さて、話しの脈略がデタラメだけど、今日は数少ないギターの弟子、響君(高校生)を誘いそこねてしまった。一曲目が珍しくギター・ソロだったのだけど、一昨年作った『Nami No ManiMani』を初演。弾きながら「あ、やっぱり響君誘えば良かったなぁ・・・」と考えていたら見事に手元が狂う!アギャ!!

グランドピアノとのバランス及び会場の音響も含め、あまり大きい音を出せない(と言うか、かなり小さめにしなければならない)場所なので、アンプの音量を最低限にセットすると音がどうしても変に”詰まって”しまう。ところがそれでも全体的にはギターの音が大きい。
細か〜いことばかり気にする僕は、そんなことが足かせとなって些細な・交通事故の様なミスをしてしまう。しかも激しくなる瞬間、明らかにギターがデカイ・うるさい!「あのギターうるさい」「あのギター邪魔」「何であいつ、あんなに目立ちたがるんだ?」「アレが無ければもっと歌に集中して聴けるのに・・・」等々、細か〜〜〜いオーディエンスの気持ちにまで目の届いてしまう私としては、申し訳ないような気持ちで、でも図々しくデカイ音で弾きまくる。

一部が終わり「ギターちょっとビックリする時がある」由の意見を聞き、アンプでは無くその手前で下げればいいんだ!とあまりに当たり前の事に気付き、二部は多分いいバランスにできた様に思う。

二部の頭は水橋さんの登場。もう3~4回同じステージに上がっているけれど、JACKSの二人を目の前にし一緒に演奏するのはいまだにとても奇妙な空間だ。二人で歌う「時計を止めて」が秀逸!これはJACKS時代にも聴けなかった贅沢。そこでギターを弾けるのも贅沢!!

無事に終演し、会場出口で早川さんとCDにサイン(サイン会では無いですが)。すると前回の吉祥寺 Star Pine's Cafe にも来てくれていたαoiさん(バンド名で個人名?ステキなボーカリストです)が。前回Tシャツにサインさせてもらったのだけど、その同じTシャツに今日は早川さんがサイン。
その後「佐久間さん、彼女打ち上げに誘おうよ!」と早川さん。(何故なら・・・とっても可愛いステキな女性なのです)「え〜〜!それは不自然でしょう!? それに新見さん打ち上げしないって言ってましたよ」・・・などとジョークの様な会話の応酬。そうこうしているうちに彼女は帰ってしまいましたとさ〜。
(なので、いつか打ち上げに誘ってしまうこともあるかも知れませんが、αoiさん気を悪くしないで下さいねー!)
で、何の下心も無くそんなに”素敵な程”素直な早川さんが大好きなのです。

片付けを終わらせて歐林堂から外に出て、ふと見上げると満月が薄いブルーと言うか、薄いグリーンの様に輝いていた。見たことも無い不思議で曖昧な色だった。