hachi rec

| | Comments (1)

隣の国では前大統領の自殺という、痛ましい事件が。国中深い喪失感に胸を痛められていることでしょう。
合掌。

そんな最中、昨日から久しぶりに hachi のレコーディング。全6曲。

hachie.jpg [ 「鋼の錬金術師」にはまる hachi ]

今回で hachi のレコーディングは3回目。 hachiは正式なドラマーが居ないバンドなので、その都度サポートを頼んでいる。
初回は唯一当時は正式メンバーだった初代ドラマー大ちゃんこと飯森大輔。温厚な人柄を感じさせる丁寧でオシャレなドラムだった。2回目のレコーディングは元ヒステリック・ブルー、現カタマランのドラムのたくちゃんこと楠瀬拓哉に依頼。パワフルでダイナミックな hachi になった。
そして今回3人目のドラマーに迎えたのは、我が unsuspected monogram ドラマー、ホシヤンこと星山哲也。妙に(?)ハイ・クォリティで大人ロックな hachi になったかな。

hoshiyan3.jpg [ ホシヤンも”ハガレン”にはまる ]

昨日・今日で6曲リズムの予定が、のっけからハイペースに進み、ホシヤンの「今日中に全部やっちゃいましょうか?」の一言で、一日で全曲録音。相変わらずすごい集中力!
ベースは今回は Vocal のハツエさんに任せたかったのだけど、うまく言いくるめられて(?)結局僕が全曲ベース担当。

考えてみたら、ベース弾きは相当久しぶり。ライブは年始めに四人囃子でベースをやっているけれど、レコーディングはかなり久しぶりだと思う。でも相変わらず簡単に弾けてしまうので、なんだか後ろめたい気がしてしまう。特に自分のバンド(unsus)を始めてから(と言うか、スナパン=砂山淳一に出会ってから)ベースに対する考えや気持ちがかなり変わってしまった。うまく説明できないのだけど、自分の心・演奏家としての気持ち・体質が『ベース弾き』からどんどん離れて来ているのを感じる。と同時にやっぱり自分はベース弾きでは無かったんだな、と妙な納得をしている。元々ギター少年が、四人囃子に入る前のバンド・MythTouchをキーボードの茂木由多加と始めたいがために、ギターを一時保留しベースを手にした。その後ギタリスト森園勝敏と出会い、四人囃子に参加するはめになり、ギター弾きに戻る機会を何となく失ってしまいベース弾きを続けていたけれど、やっぱりギター弾きに戻りたかったのだろう。

昨日リズム録りが終わってしまったので、今日はホシヤンのパーカッションからスタートし、後はひたすらユーゾー君のギター録り。相変わらずの天才ぶりを発揮するユーゾー君のギター、激しいと言うか、角が立っていると言うのか、エモーショナルなのに細かいところに細か〜い配慮やアイデアが行き届く。
いつも演奏する姿を見ながら、プチ嫉妬をするのであります。
yuzo.jpg

1 Comments

nana said:

初めまして(^-^)v
応援してま~す。

頑張ってくださぁい(^o^)/♪

About this Entry

This page contains a single entry by masahide sakuma published on May 23, 2009 8:46 PM.

star pine's and princeton was the previous entry in this blog.

kamakura is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01