a strange day

| | Comments (0) | TrackBacks (0)

今日・明日と池袋「鈴ん小屋」(リンゴヤ)にて早川義夫+水橋春夫+佐久間正英+茂木欣一+柏原譲バンド(?)のライブ。

昼過ぎにマネージャーの新見さんに事務所に迎えに来てもらう。と、すでに車には水橋さんと茂木君が。
順に廻って来てくれたそうです。
池袋へ向かう車中、まるでツアー中の様に盛り上がる。テーマはもっぱら早川義夫。

道路も順調に流れ、早めに池袋に着き楽器を下ろしていると、走り寄ってくる人影あり。
「佐久間さん! フジファブリック、ボーカルの志村です!!」と一声。
あ、言われなくてもわかりますが・・・何で志村君シャーロックホームズの格好を??とつっこむと、何やらスペースシャワー(だったかな?)の撮影中とのこと。
一瞬にしてアタフタと走り去って行きました。相変わらず不思議な人であります。

会場に入り早速セッティング。いつもの早川さんとの二人組とは違い、総勢5人時間がかかる。

<サウンド・チェック中の茂木君>
kinchang.jpg

順調にサウンドチェック&リハーサルが進み、水橋さんの出番。
が・・・水橋さんのギターが音が出ない!今回は水橋さんの楽器周りは僕の担当。急ぎ調べると・・・何と僕が持ってきたテープ・エコー(Fulltone Tube Tape Echo)がトラブル。よく見るとテープが回っていない。やむなく、水橋さんが買ってきたBOSSのDelayに交換。TTE.jpg
やっと音が出て、リハ開始・・・が!何と水橋さんのギターが半音近くピッチが低い!!
ギターのチューニングも僕がやったのだけど・・・水橋さんの持ってきたチューニングメーターの設定が謎だったのか??不明。

そんなトラブルもありながら、和気藹々と本番を迎える。早川さんとのバンド編成何年ぶりだろう?15年ほど前に新宿にあった日清パワーステーションでの第一回「佐久間サミット」以来じゃなかろうか。

ともかく。言い感じに本番が進み、第一部(二部構成なので)最後の曲の中盤。突如ギターの音が消える!
アンプが死んだ模様・・・。皆の演奏が進む中、孤独に原因チェック。でも修復不可能そうなので、途中からピアニカに変更。それなりにいい感じに演奏。
仕方なく、一部終わってから会場にあったアンプに交換。古いアンプ(1962年Fender Princeton)なので、こんなこともあるよな〜。とあきらめる。
a472-1.jpg

さて、トラブルあったものの、気を取り直して第二部スタート!・・・しようとしたら、今度は水橋さんのギターの音が出ない! 足下を確認すると、水橋さんのBOSSのディレイのLEDが点いていない。バッテリー切れ・・・。トホホ。
スタッフがバッテリーを持ってきてくれてどうにか。

とバッタバタなライブだったけれど、結果、どうにかとてもいいライブになった感じ。
二度もアンコールをもらいました。

明日もいいライブになりますよう。トラブル無きように!

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: a strange day.

TrackBack URL for this entry: http://masahidesakuma.net/movabletype/cgi-bin/mt-tb.cgi/36

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by masahide sakuma published on April 21, 2009 3:32 AM.

g-2 fuzz was the previous entry in this blog.

ringoya two nights (狂気の沙汰もFuzz次第?) is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01