recone

| | Comments (0) | TrackBacks (0)

先日のライブ中に音が出なくなってしまった、Fender Princeton / Brown Tolex。
Princeton_BRN-1960.jpg

早速修理をお願いしようと、久しぶりに Human Gear 八木さんに連絡。以前自分で運営していたギターメーカー SGCrafts Ltd を立ち上げる時にも、色々お力を借りずっとパーツの供給もお世話になっている。またレコーディングのアンプをお借りしたり、真空管等のパーツをお願いしたり、ずいぶんと助けていただいていた。

早速八木さんから返事をいただき、信頼できる方なので問い合わせてみてはどうですか、とプロサウンドSOS の若林さんを紹介していただいた。

昨日から始まったウラニーノのレコーディング前に、早速若林さんのところへ直行。
羽田空港に近い、大鳥居そば。普段あまり通ることの無い地域。一方通行が多く、少し手こずりながら到着。道端に車を寄せていると、音で気づかれたのか若林さんが出てきてくれた。初めてお会いするのだけれど、その表情を見ただけですぐに信頼できる方だとわかる。

アンプの山の作業場に通していただき、簡単に故障説明。こういう空間好きだな〜とか思いながら暖かいコーヒーを入れていただき、しばらくアンプ談義に花が咲く。物腰のとても柔らかい心底技術畑な方で、話しを伺っていて楽しくなって来るが、ウラニーノを待たせてしまうので早々に退散。もちろんスタジオには遅刻!すまん!!

夕方若林さんからメールが入る。
「悲しいですが、スピカーが擦っていまして小さい音でバリバリ音が出ていますので、リコーン又は、別なスピカーと交換になってしまいます。」
ガ〜〜ン!!よりによってスピーカーが飛んだ〜〜、トホホ。まぁ、年代物だしなぁ・・・と思いながら、若林さんに電話で相談。
「残念ですが、お薦めできるスピーカーは思い当たらないので、リコーンでしょうか」との話し。そうですね、とリコーンとアンプ自体のメンテをお願いする。

さて、これで当分(最短でも2ヶ月とのお話し)Princetonが使えない。困ったぞ・・・と、Matchless Lightning 15 と言う15ワットのアンプを持っていたのを思いだした!
ほこりまみれのマッチレスを数年振りに引っ張り出して、早速今日ウラニーノで調子見がてら(?)レコーディングに使ってみる。
「そうそう、こんな音だったな〜」と懐かしく思いながらレコーディング。山岸君の声とのマッチングがいい。

lightning15.jpg しばらくはライブのメイン・アンプの座を勝ち取ったね。

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: recone.

TrackBack URL for this entry: http://masahidesakuma.net/movabletype/cgi-bin/mt-tb.cgi/38

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by masahide sakuma published on April 23, 2009 9:21 AM.

ringoya two nights (狂気の沙汰もFuzz次第?) was the previous entry in this blog.

the screaming frogs meets unsuspected monogram is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01