ask sakuma a question

| | Comments (69) | TrackBacks (0)

Please write as a comment to this blog-entry.
I'll write you back as possible I can.

Masahide Sakuma

==================================

このブログ記事へのコメントの形で質問等お書きになって下さい。
”可能な限り”ですが、返信していきたいと思います。

佐久間正英

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: ask sakuma a question.

TrackBack URL for this entry: http://masahidesakuma.net/movabletype/cgi-bin/mt-tb.cgi/13

69 Comments

Ivu said:

Hi! Sakuma san! because I am not a scholar in the field of music criticism, I could give their opinion on the latest album from a band that I admire very much from long ago and now I was a bit different from what I knew. I would like the opinion of someone who knows more about music, because that would be interesting. Thanks in advance! The band of which I speak is MUCC and the album that I want to know your opinion is KARMA. Best regards from Paraguay, I hope you have a chance to answer my question and is not too much trouble. kisses! Redacted by Ivu & Rosy.

かふあ said:

佐久間さまへ

かふあと申します ^ ^
先日の河口湖でのUST放送、そしてその前日の真夜中の放送で、
朗読に、「おやすみ音楽」を使ってもいいですよと、
佐久間さんにおっしゃって頂いてから、わたしのUST放送で
http://www.ustream.tv/channel/kahua
音楽を使わせて頂いております。
ありがとうございます。

レコーディングの様子も、前日の愉しそうなご様子と音たち。

心の奥の方まで響きました。

10月のライブ愉しみにしております。

LOVE, かふあ FROM 神戸

MAH said:

アドバイス有難うございます。
60年代のフェンダーの良さを残しつつ、現在でもバリバリ使えるギターをコンセプトにいろいろ考えています。
残念だったのがブラジリアンローズ指板が叶わない事ですね(笑)
ブログにギター製作の記事があがるのを本当に楽しみにしています。
可能な限り、仕様を記載していってください。

MAH さん、はじめまして。

Warmothでのオーダー、特に注意点はないです。とても丁寧・親切なところなので。ただオーダーの種類によっては時間が結構(数ヶ月)かかることありますのでそれくらいでしょうか。忘れられてるのかなぁ、と思っている頃に届いたりします。(笑)

ボディ、ネックとかの組み合わせは本当に好みなので、色々試してみるしかないようです。僕は最近は軽いボディに重いネックが好みで、その方向を追求してます。ワンピースか貼り合わせかは、世間で思われているほどの音的な違いあまり感じません。もちろん違いはあるのですが、どっちの方がいいと言い切れるような違いでは無いように思います。むしろ見た目でしょうか。

MAH said:

はじめまして。
佐久間さんの作るギターに憧れて僕もギターを組もうと思っています。
そこで質問ですがワーモスでオーダーするにあたり注意点はありますか?(英語は少しできます)
また、軽量ボディとワンピースボディのメリット・デメリットを
経験上で構わないので教えていただけると助かります。
本当はいろいろと試してみたいのですが余裕も無いのでお願い致します。

神戸のライブから少し立ちましたが
本当に一組一組の演奏の世界観が素晴らしかったです
あんなに沢山の曲が生まれるんですね

佐久間さんの演奏もやはり素晴らしい
ジロウさんが佐久間さんを惚れるのわかる

その中でもhachiのドラマーが素晴らしかったです

関西ツアーお疲れさまでした

Anonymous said:

唐突で、不躾なコメントにお答えいただきありがとうございます。
Tamaちゃんが元気と知って嬉しくなりました。
ノドのくだりは御免なさい。
鬱陶しいだけの父性愛と思って許してください、他意はございません。
いつか、ライブに行くことを楽しみにしています。

15年以上前になりますが、Act Against AIDS(AAA)コンサートに早川義夫さんが出演されていました。武道館だったと思います。
進行役のようなことをしていたサザンの桑田さんが、深い敬意を表して接していたことが印象に残っています。
たしか、桑田さんがその年にソロで発表した“月”という曲は、早川さんの影響を大きく受けたことを話していたような気がします。
早川さんが“月”を唄っていただけたら素敵ですね。
また、余計なことをコメントしてしまったようですが、他意はございません。

>匿名さんへ

Tamaちゃん元気にしています。歌声も変わらず、あのままの素敵な声です。
ライブ本数は少ないのですが時々やっていますのでホームページをチェックしてみてください。

http://www.tama-web.net/

佐久間正英

Anonymous said:

突っ伏して顔を上げた女の子が“なぜ…”と(このフレーズだけを)歌う映像が、予告なく思いがけずに記憶の奥から降りてきて、何年間も忘れていたかと思うと、また不意に“なぜ…”と歌います。
いつ、どこで見たのか覚えがないのですが、そのままやり過ごして長い時間が経ちました。
20代は完全に洋楽しか聴かずに(来日アーティストを節操もなく誰でも聴きに行ってました。レイ・チャールズが最高でした。)、今はディスクでマイルスやバードなどのジャズを聴くくらいの頭の中になぜか、この女の子が出てきて“なぜ…”と歌うのです。
最近になってTamaちゃんという女の子だと知りました。
曲もフルコーラス聴いてTamaちゃんの歌声に恋をしました、十年越しの恋です。
久しぶりにライブに行きたいと思いました。
ノドを大切にしてくれているのでしょうか?心配です。

Tamaちゃんの歌声が聴きたいです。
心から、その歌声に幸あることを祈ります!

そうでしたか

コメントトラブルじゃなく

佐久間さんがチェック去れてからのるのですね

じゃ 僕が最初同じコメント沢山のせていて 佐久間さん 同じコメント書いとるやないか〜と思ったかもですね
ごめんなさいです

これからも素敵な勉強になるコメント楽しみにしています

松田政史まさのぶさん、

いつもコメントありがとうございます。
このHP残念ながらスパム・コメントの数がすごく多く、仕方なくそのままは載せない様にしています。
なのでコメント投稿後しばらく経ってから(これは僕がいつチェックするかのタイミングによります)でないと表示されません。

またよろしくお願いします。

佐久間正英

佐久間さん
以前から コメント書かせてもらってますが

なにやらのトラブルで コメントがのらず何度もエントリーして コメントが沢山のったかと思います

ようやくちゃんと一回でのりました

佐久間さん今度神戸に行きます
佐久間さんそれから他のミュージシャンの今まで歩んできた音楽の歴史を感じに行きます
そしてこれからも 楽しみ〜

Anonymous said:

TAMAちゃんの歌声が聴きたいです。
ライブはありませんか?

Jeremy thompson said:

Wow!
thank you for your quick response. I'd really like to hear that 1st LP..also, I'd love to do an interview with the members of the group. If you still speak to them or know their whereabouts at all please pass along my contact information to them. I would really like to reissue some of their records. They are too good to remain obscure.
-Jeremy
www.singsingrecords.com

SKIN最高さんへ

返事とても遅くなってしまってすみません!
SKIN、本当にいいバンドでしたが、New Yorkからの方へ書いた返事のように、その後の彼らどうしているのでしょう? 僕も全くわかりません。

本当にいいバンドだったので、きっとそれぞれどこかで活躍してるのかも知れません。
またいつの日か SKIN としてのライブ見たいものです。

佐久間正英

Hello Jeremy,

Thank you very much for your interest about SKIN.
Yes, I produced them a long long time ago, around 1980.
They debuted 1980, with the album named "SKINLESS" from King Records. And 2nd Album "ZUNZUN" which you heard, was released 1981.

They were really good band and I loved them very much. But after ZUNZUN,unfortunately the vocalist quite the band. And then they decided to stop the band.

I don't know the later story. After SKIN, I worked with the guitarist Tatsu a few time but I don't know what he's doing now.

The members are:
Waku (vocal)
Tatsu (guitar)
Junichi (bass)
Domino (drums)

Thanks,
Masahide Sakuma

Jeremy Thompson said:

Hi!
My name is Jeremy Thompson. I run a record label in New York called Sing Sing records. I recently discovered the band SKIN's LP "ZUN ZUN' . It has to be one of the best Japanese punk records I've ever heard! I would really love more information on this LP and group as I know you played keyboard and did production work with them.

Thanks!
-Jeremy

SKIN最高 said:

はじめまして私40歳の証券会社営業マンです。小学校6年生の時SKINの大ファンになりました。当時の僕にとってはアイドル的な存在でしたね。当時の流行モノにうんざりしていたんだと思います。1STアルバムを池袋西武でお年玉はたいて購入した記憶があります。その後ドラムを始めたんですが、テープ聴きながらよく練習してましたね。そのころSKINが利用していたリハーサルスタジオにたまたま居合わせた私の兄がドミノさんが使い捨てたスティックをお土産に持ち帰ってくれまして、それを宝物にしていました。過去の自分の演奏を聴くとドミノさんのスネアのフィルインをかなりパクってたのがわかまります。フロアタムで8分を刻んだりが好きなのも、ドラムキットがシンプルなのも今思えばドミノさんの影響かなと思います。幼少から兄の影響の範囲しか音楽に接しなかったんですが、SKINとアイアンメイデンは自発的にのめりこんだバンドですね。SKINのメンバーは何処へ?音源映像は手に入らないものか?
お忙しいとは思いますがご存じの範囲で教えてください。よろしくお願いします。

ハッピースインガー said:

佐久間さんに聞きたいことがあります。

楽器を持つきっかけて何だったのでしょうか?ぜひ知りたいのでよろしくお願いします。それとGLAYの再録verが次のアルバムに数曲入りますが佐久間さんからGLAYに何かアドバイスとかしたのでしょうか?再録に関してはどのようなことをお考えですか?ぜひお聞かせください。

Hello João, Welcome back!

I'm sorry but I don't know any good books to study music. I'm sure there are so many good books, but I just don't know.

I can recommend to start copying any favorite music. It will tell you "How to make music" and "How to learn more about music".

About music software, I feel any of those in the market will works fine. It just depence if you use Windows PC or Mac?

I can recommend, for example:
ProTools, Reason, Digital Performer, Logic or Logic Studio, Cubase, LIVE, Garage Band etc.
I think all works fine for you. Just tastes are different.

Masahide

João said:

Hello Mr. Sakuma , it's me again, after some time.

So the reason I'm here this time is because I got interested recently in making my own music, so I was thinking on studying more on topics related to that. So I would like to know if you can recommend any books, sites or anything related to making pop/rock music.
I also would like to know if you recommend any music producing software, one that I can at least produce decent demos.For example, I really like some eletronic sounds that seem quite present on your work, I would like to use softwares that can make those kind of sounds.


Thank you very much

Hi Jason,

I'm sorry to reply you late.
Yes, "Pocketish Girl" I worked. Still I love the song.

The vocalist/guitarist Miho Ninagawa is working as an actress and I think she is still singing.
http://www.ninamiho.com/

Other giral, the bassist, she became a ENKA (Japanese traditional song) singer, after they stopped very very. I don't know for now.

For those kind of Japanese girls rock, I recommend:
"ESREVNOCK" ( they stopped long time ago, though)
"SHONEN KNIFE" : http://www.shonenknife.net/

jason said:

Hi,

日本語 が じょうず じゃない。 それで 英語 で。 I wish that my Japanese was good enough to use here. I need to study more. I see that you have done production work for Very Very Iron. I purchased a single of theirs when I was traveling in Japan about 8 years ago. It was called "Pocketish Girl." I love it and I've been looking for more ever since. I'm sorry to trouble you but I haven't been able to find anything. Do you know anything about them?

Also, if you have time and would be willing to recommend some other music that has a similar sound I would really appreciate it.

thank you very much.

ども ありがと ございます。

Rebekka said:

お忙しいところ失礼します。
佐久間さんは、フェンダー系の形の、ギターやベースを制作されているそうですが、
他の形のギター(ギブソン系の形、もしくはアコギなど)は、制作されているのでしょうか?

佐久間さん手作りのアコギが存在したら、どんな音がするのか、想像が止まりません…^^

テラグラムさんへ。

ではデモ送って下さい。何かコメントするかどうかは別としてで。

佐久間正英

テラグラムです。
お返事ありがとうございます!

いいか悪いか好きか嫌いかまでのところはプロもアマもも同じなんですね!
それ故にやはり何かインパクトを与える必要性がありますので試行錯誤ですね・・・

僕なりに色々考えて今の音楽性があるのですが、もっともっと進化の必要性はあるはずだと思っております。
大変あつかましいのですが、一度佐久間さんに聞いていただいて足りないところを認識したいという思いにかられました。

デモを聞いていただいてもかまいませんでしょうか。
このページに書かれておられてますcontact@masahidesakuma.netにデモを添付して送らせていただけたら幸いでございます。

あつかましいお願いで申し訳ございません。

テラグラムさん、はじめまして。

ベースの話し、打ち込みでも同様に思います。ただ音質次第になってしまうので、ベースとしてちゃんと機能できる音を作るのは案外難しいです。色々試行錯誤してみてください。

アマチュアのデモテープの聴き方、これは一般の方と大して違わないんじゃないでしょうか。いいと思うか、好きか嫌いか(良し悪し)の判断までは。
その後、もしいいと思ったら、どこがいいと思える点なのかを確認する作業に入らなければなりません。多分、そこから先が変わってくるのかなと思います。

テラグラム said:

はじめまして。お忙しいところ申し訳ございません。

ベーシストが語るベースのスタンスに感銘を受けました。
ベースは聞こえなくても存在してるだけでいいのか・・・
でも、聞こえなくても存在できている所以は何だろう、と気になってしまいました。
そのインパクトの部分は打ち込みのベースでは出せないのか否か・・・
私はユニットを組んでおり、key&プログラミングであとGとVoと3人で活動しています。
佐久間さんは色々なアマチュアのデモ音源を聞かれていると思います。プロの方々はどこに重点を置いて良し悪しを判断されているのでしょうか?

はじめまして。お忙しいところ申し訳ございません。
ベーシストが語るベースのスタンスに感銘を受けました。
ベースは聞こえなくても存在してるだけでいいのか・・・
でも、聞こえなくても存在できている所以は何だろう、と気になってしまいました。
そのインパクトの部分は打ち込みのベースでは出せないのか否か・・・
私はユニットを組んでおり、key&プログラミングであとGとVoと3人で活動しています。
佐久間さんは色々なアマチュアのデモ音源を聞かれていると思います。プロの方々はどこに重点を置いてアーティストの良し悪しを判断されているのでしょうか?

Rebekka said:

横からお邪魔します。
もし欧米でのベースが、リズムと音を結ぶ糸のような役割なら、
日本でのベースは、楽器のメロディーの一部…のような役割もあるのでしょうか…(‥?

もしかすると、日本のロックには、
昔の演歌や歌謡曲の唸り(?)の名残があるのかもしれない…と感じています。
(唸りを音で表現するには、ベースを強調すると、より効果的かと…)(‥?

もちろん、ロックは欧米で始まった音楽ですが、
日本人にしか出せない、ロックの音の魅力も、確実にあると私は思っています。

もし、それらが全て消えてしまったら、少し寂しいと感じます。
時代が変わっても、少しは残していてほしいものです…。

取り留めのない文章ですみません。

GaK said:

こんなに早くお返事頂けるとは思いませんでした!
ありがとうございます。

まだ22歳のしがないバンドマンではありますが
これを励みに努力したいと思います。

若輩者が大口を叩いてしまい申し訳ございませんでした!

もっと音に対してシビアになれる様頑張ります!

GaKさん、ありがとうございます。

「つなぎのように」・・・うん、見事な推察です!そう思うと、色々見えてくる感じがしますね。
「接着剤がいっぱいはみ出した物は」も納得。

ここのところ自分でも聴き方がちょっと変わって来て、面白いです。

佐久間正英

GaK said:

お忙しいところ申し訳ございません。
June 22, 2009の日記を読ませて頂きました。
自分も物凄く考え込んでしまいました。

そこで自分が導いた答えなのですが
ベースとはリズムと音を結ぶ存在というところに行き着きました。

なのでつくねやハンバーグのつなぎのようにくっつける。
リズムと音の接着剤なのではないかと思いました。

接着剤がいっぱいはみ出した物は見た目も美しくないという考えだと
欧米のベースの音量の小ささも納得できるのではないかと思います。

邦楽が決して美しくないという訳ではなく、

ベースが昔から存在していたらor存在していなかったらこうなっていたというもう一つの歴史的な解釈で考えたら…。

最近ワクワクして聴くようになりました。

失礼致します。

すけ said:

佐久間様

素敵なご回答ありがとうございました。
気持ちですか!わかりました。
胸に大きく気持ちを抱きつつ、頑張ってみようと思います。
ありがとうございました!

すけさん、

幾つになっても遅いなどと言うことは無いと思います。
PLASTICSを始めた時、立花はじめは26くらいで初めてギターを手にして、その数年後にはワールドツアーです!(笑)
僕も去年の暮れにバンドを始めました。57歳で始めるアマチュアバンドです。気持ちがあれば何でもできそうですね。

佐久間正英

すけ said:

はじめまして、こんにちは。

自分は今年で22歳です。
ですが、ギターなど楽器は何も出来ません。

PLASTICSの存在を知りました。
もうすぐ30年も経ってしまうというのに、
ありふれた言葉で表現するとすれば、色あせない、
とても格好いい、すごい音楽でした。
時代などに関わらず音楽を聴いていたら、日ごとに
「自分もやってみたい!」という思いが募ってしまいました。
しかし、周りに音楽をやってくれそうな友人がいません。

音楽でメジャーデビュー!など恐れ多いことは全く考えていませんが、
こんな自分でも今から音楽を始められるでしょうか?また、遅くないでしょうか?
「おもしろいことをやってみたい」という気持ちはあります。

Rebekka Horowitz said:

ありがとうございます!m(__)m

Rebekkaさん

サイトのリンク全く構いませんので、よろしくお願いします。

Rebekka said:

御返事ありがとうございました。

そうだったのですか…了解しました。
では、佐久間さんご本人のサイト(このサイト)のリンクは
宜しいでしょうか?

何度もすみませんm(__)m

YMD0124 said:

お返事有り難うございます。

分かりました!周りの人達に負けないように頑張りたいと思います。

有り難うございます。
早速持ち方を色々研究したいと思います!

YMD0124さん

楽器の練習方法、効率の良い悪いと言うのはもちろんあるのですが、どんな練習方法でも間違いはきっと無いのかなと思います。つまり自分流で一向に構わないかなと。弾きたいことをできる様になればいいだけなので、とにかく練習しようとする心構えが一番大事なのでしょうね。

逆アングル、図解無しの説明難しいのですが、要はダウンで弦に当たるときピックの右サイド(右利きの場合)が当たればいいわけで、そのためには手首とかで調整するのでは無く単純にピックの持ち方を変えればいいです。
ピックを持つ親指と人差し指の位置関係をずらすとピックの向きが変わることを試してみてください。

佐久間正英

Rebekkaさん

SGCraftsですが、僕はもう辞めております。ずっと一緒にやって来た人間が現社長となり運営を続けています。
ですのでリンクの件、僕としてはお答えしようがありません。悪しからず。

佐久間正英

とも兄 said:

佐久間正英様

以前ぶしつけな質問をしたのにも関わらず
大変丁寧な返信をしてくださり本当に嬉しく思ってました

しかしお礼を伝える前に入院をしてしまい
ズッと返信してないのが気になって気になって・・・
本日、ようやく退院してきましたのでやっとお礼を言えると喜んでおります

SKINの再販はキングレコード次第ですか…
今では知ってる人も少ないでしょうから可能性はかなり低いと思いますが
今後SKINが今の時代の中で評価されればあるいは…とも考えております

今回佐久間さんと話が出来ただけでも自分にとっては嬉しい限りです
本当にありがとうございました、そしてこれからも頑張って下さいませ

YMD0124 said:

初めまして。

今高校2年生でバンドでベースを担当しています。ベースは中2のクリスマスから弾いています。

僕は1回もレッスンとかを受けたことをなくて練習の仕方も教則本で見付けた物や雑誌のインタビューでベーシストが言ってた練習法を色々混ぜて使っている感じなんですが、「本当にこの練習の仕方で良いのか?」っていう疑問がよく頭の中をよぎります。佐久間さんはどういう練習をお勧めしますか?

あと逆アングルピッキングのことなんですが、自分で色々試行錯誤したんですが、自分が弾くと親指が上にかなり反ってかなり力んでるように見えるんですが、コツみたいのってありますか?

Rebekka said:

再び失礼しますm(__)m

以前メールに記載した、私のサイトに、
佐久間さんの手作りギター工房(SGクラフト)の
リンクを貼らせて頂いても宜しいでしょうか?

Hello João,

I think email is more easy but maybe someone can enjoy our conversation. So let's keep it here.

I agree very much to your opinion on VK !

Brazilian released YoninBayashi LP, it must be "Golden Picnics", which is the 2nd LP of YoninBayashi. From that LP I became a member of the band.
I hope you can find somewhere.

Best,
Masahide

João said:

Hi, Thank you again for answering

I'm very thrilled to have the opportunity to talk with someone so important in japanese music.
Can I keep chatting with you, maybe by email so I don't flood this section?(I understand if you say no to this, you must be very busy)

I'm looking forward to see what you think about the bass since I play the bass also(ok,I'm pretty bad but I love it) and I guess its the reason I got so into japanese music.


I really like some VK bands from the 90s , I guess the most popular ones, I generally dislike vk from 2000s though , despite rare exceptions. I don't know why it stills exists but I guess it won't cease now that's getting so popular around the world, which sometimes concerns me when I see bands like An Cafe coming to perform in Brazil and TV ads say things like "They're the best rock band of japan", I hope people don't get a wrong idea about japanese rock...


I also got lots of Yoni Bayashi songs now! But I only managed to listen the first album, so far my favorite is "sora to Kumo", also when I was researched I found a comment from a guy who says he has a Brazillian release LP of Yonin Bayashi that "has a cover of "Flying" by The Beatles and some song that reminds "Us and Them" by Pink Floyd", I don't know if you're aware of this and I don't know if its true either.

Thanks for your time,


Hi João,

Again, thanks for your questions.
Specially about the bass, it's never silly question ! It's a very interesting and a serious question.
It's very difficult to answer, so please give me a time to think about. Probably I'll write about this in my blog too.

My opinion on visual kei... Personally, I don't like or do not have an interest so much. I worked with some visual kei band and they were nice, but for me it was a long time ago. I don't understand why they are still exist? Anyway I think all happened from BOOWY.

About 8cm CDs, I don't know and I don't like the format.

Best,

João said:

wow thanks for answering!

I guess here in Brazil you can't buy music from iTunes, although they sell iPhone softwares.That's okay I guess since I more into buying physical CDs.

"BOOWY" and "Just a Hero" are one of their greatest albums, my favorite is Moral. I didn't know Tsunematsu Matsui had a solo work, got to check it out.

Yeah it's you on Kaze ni Kienaide , I happen to have the single.

If you could, please answer me some rather silly questions:

I think that on japanese rock(or music in general) the bass really stands out , sometimes being in a main role on the music, kinda different then on western where it's often hidden on the mix.I realize that on rock bands from the 80s and 90s(specially visual kei bands) but also on old bands like Happy End and Off Course, do you think there is any particular reason for that?(ok, I know that's a really silly question)

I also would like to know what your opinion on visual kei, since its becoming very popular around the world but it's told that it doesn't get much credit on Japan.

and the other is just a curiosity do you know why the industry used 8cm CDs for singles?

I promise I will stop with these :D

Thanks


Hello João,
This section is not for business, so please don't mind. Anyway, thank you for your interesting.

About Plastics, YoninBayashi(四人囃子) :
Plastics, you can find at iTunes store Japan now. I think all albums and some videos are there.
YoninBayashi, WOW!! I didn't know.... but right now I checked iTunes store and I found 3 albums there! Please check it. Other albums... I don't know but probably difficult to find at abroad.

I worked as a record producer for following artists.
BOOWY : album "BOOWY", "Just a hero". l worked with Kyosuke Himuro (vocalist) and Tsunematsu Matsui (bassist) as well.

GLAY: All the albums, singles (except very first two singles)

L'arc En Ciel: One single "Kaze ni kienaide" (probably?)

BY-SEXUAL : I forgot the titles but I worked for several albums.
Zi:Kill : Also I forgot the title!

Best,

João said:

Hello, Can I really ask anything here?I guess I will have a try

I'm from Brazil so I'm not very good( right now) in 日本語, so if I got it wrong and this section is just for business related questions I'm sorry and you can ignore this.

I discovered you when I recently bought 黒夢 discography, I already knew The Plastics though.
I liked both your work at 四人囃子 and The Plastics(I really love the band's logo also), but their music is so hard to find overseas, do you know where I can get it online?

I would like also know what works you did with BOOWY, BY-SEXUAL, GLAY, L'arc En Ciel and Zi:Kill.

Thanks


とも兄さん、はじめまして。

SKIN、懐かしいですねぇ!僕も大好きでした。いいバンドでしたね。

再発(CD化)どうでしょうねぇ? あれは確かキングレコードでしたっけ? たくさんの人の声が届けば再発もあるのでしょうが。是非して欲しいものです。

とも兄 said:

拝啓 佐久間正英 様

いきなりぶしつけな質問で恐縮ですが
佐久間さんが手がけた『SKIN』のアルバムのCD化は無いのでしょうか?

年代がバレてしまい恥ずかしいのですが、自分が高校生の頃に
独特な感覚を持ってるなぁと感じ友人にダビング(カセットテープ)してもらい
何度も聴いていた1Stアルバム「SKINLESS」
テープの限界が来て泣く泣く廃棄処分したのが懐かしいです

今の時代でも十分に聴かす事が出来る音だと思います・・・是非聴きたいです

Rebekka said:

了解しました。ありがとうございます。

Rebekka Horowitzさん

記載されているアドレスは仕事依頼連絡用ですので、下記のアドレスへお願いいたします。
contact@masahidesakuma.net

佐久間正英

Rebekka Horowitz said:

お忙しいところ失礼します。

私は以前から、別の名前で音楽活動を行っているため、
一度、公ではない形で、佐久間さんに伝えたい事があります。

佐久間さん個人宛の、メッセージの送り先は、
このサイトに記載されているアドレス(naito@vfv.co.jp)で
宜しいでしょうか?

変な質問ですみませんm(__)m

zagataga said:

お返事ありがとうございます。
アンプのフロント、じっくり試した事無いので、早速試してみます!
良いクランチつくれるようにがんばってみます

ありがとうございました!

zagatagaさん

Pod XT LiveのLiveでの仕様、どう繋ぐか悩みますよね。
本当はPAにライン直が一番自由になれると思うのですが、いかんせんライブハウスだとモニターの問題があってあまり現実的ではありませんから。

で、僕は普段アンプのフロントに構わず入れてます。アンプの種類によってはエフェクト・リターン(もしくわパワーアンプ・イン)に入れますが、レベルの設定が状況によって難しい時があるので。
アンプ直、音はベストとは思えませんが意外に行けます。音の補正がアンプでできるので案外楽です。お試しを。

zagataga said:

はじめまして。
masahidesakuma.net復活嬉しいです!

早速ですが、3/4のthe screaming frogsの記事の中で、Line6 Pod XTLiveを使用したとありますが、
佐久間さんはどのようなセッティング(ルーティング?)で使用されていますか?
ライブハウスの卓に直、アンプのギターIN、アンプのリターンと選択肢があると思いますが。
ちなみに自分は、よくJC-120のリターンにつないで使っていますが、まだライブにおけるPODのポテンシャルを発揮しきれてないように感じています。
音量を上げると現れるjc120のパワーアンプとスピーカーのキャラクターと格闘してます。
現状悪くはないのですが。。。

アドバイス等ありましたら宜しくお願いします!

まめ〜 さんへ。

ファンクラブあるといいですよね。フロッグスに提案しておきます。

まめ~ said:

スクフロファンクラブ創ってください(>_<)

まめ~ said:

スクフロファンクラブ創ってください(>_<)

イシカワ said:

佐久間様
どうもありがとうございます!また行かせていただきます!!

イシカワさん

鈴ん小屋ブログ、ありがとうございました。
ブログのリンク、全く問題ありませんのでどうぞ。

また機会ありましたら、是非聴きにいらして下さい。

佐久間正英

イシカワ said:

はじめまして。
先日の鈴ん小屋でのライブを拝見しました。佐久間さんのギターがかっこよすぎてびっくりしました。
ホントは「マーちゃーん」とか馴れ馴れしく声援を送りたかったのですが、早川さんのライブ自体初参加でしたので、ちょっと恥ずかしくて言えませんでした。
その時の感想を先程ブログに書いたのですが、その中で佐久間さんのブログにリンクを張らせていただいております。よろしかったでしょうか?トラックバックというもののやりかたもよくわからなかったのでこちらに書き込ませていただきました。もし不都合でしたら外しますので、ご返答いただけたらと思います。

業さん 初めまして。

CDとか、音源の発売あるいは出して行き方。昔と違ってメジャーでなくとも自分の意志だけで自由に出していけるようにはなって来たけれど、さて実際にどうやったら? は、実は難しいですよね。
僕もそういう事ウトイのですが、ひとつ手としてはマイスペースの活用はどうでしょう。
アーティスト登録すれば楽曲を載せておくことができますし、色々な人が聴いてくれる可能性もあります。また、ホームページ上で楽曲販売できるサービスなども充実しています。

他に思いつくのは、いまはたくさんのインディーズ・レーベルがありますので、自分の音楽性と合いそうなところに問い合わせてみるのもいいかも知れませんね。

情報はネット上にいくらでもありそうですから、少しずつできそうなことから始めてみて下さい。

佐久間正英

said:

始めまして。
お忙しいとは思いますが、メッセージを送らせて頂きました。

私は現在28歳で、アマチュアにて楽曲作成とボーカルをやっています。
2歳の頃から音楽をやっていて、2年位前まではボイトレをしたり、色々なところに足を運んだり、ライブをやったりと色々な事をしてきました。

しかし、その直後に持病が悪化してしまい、ライブも仕事も全部ドクターストップがかかり出来なってしまい、どうしたらいいか2年間ずっと悩みました。
プロになれなくても、スタジオには行けなくてもとMTRに録音し続けています。
ただ、そのようにCDを作ってもどうやって出したら良いのか分かりません…
このような状況ですが、是非ともアドバイスをいただけたらと思います。


>やまがた かつや 君

高校一年生・・・自分の時を思いだしてみます。
もうすでにプロのミュージシャンになるのを当たり前と夢見て、でもどうしたらいいのか?なんて皆目検討もつかず。今から40年も前の時代、そういうことに関しては何も情報も無く、今と違って調べようも無く・・・。なので、かえって焦ったりもすることも無く、自然に時間が経過していった様に思います。

「次のステップ」って何だろう?とじっと考えてみて下さい。
音楽家にとってのステップって、実は音楽しか無いのです。やり方では無くて、音楽そのもの。どんな歌を唄いたいか、歌うか、歌えるか。それだけが次ぎに繋がるステップです。
ボイストレーニングに通ったり、ライブハウスに出たり。。。そんなことも”いいかも知れない”けど、そんなことの前に、とにかく自分に何が歌えるのか?その歌は他の人と何が違うのか?自分が歌う『必然』が本当にあるのか?その必然は”どこ”にあるのか? そんなことを突き詰めてみて下さい。
そうすれば自ずと答えが見つかるものです。

ガンバッテ!

佐久間正英

やまがた かつや said:

いきなりで本当に申し訳ございません。お忙しいとは思いますが、僕の悩みに答えていただけたら、すごくうれしいです。
僕は高校一年で歌手を目指しています。
家ではギターも歌も練習しています。しかし次のステップがわかりません。
ライブハウスに出る自信もないし、事務所のオーディションも色々な事務所があってわかりません。 
ボイストレーニングするお金はないし・・・
全部言い訳に聞こえてきてしまいますね。でも本当に次のステップがわからないんです。
よければヒントでもいいので教えてくれませんか??

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by masahide sakuma published on February 1, 2009 8:58 PM.

hello again is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01