30th anniv.

| | Comments (0) | TrackBacks (0)

一昨日の朝目覚めるなり突然気づく。
「プロデューサーとして仕事始めてから30年経った!」

1979年、27歳の時に初めてのプロデュース。それ以前も同じ様な仕事の仕方はしていたが、当時の日本では音楽プロデューサーはまだまだ認知されていなかったので、プロデューサーとしてのクレジット或いは『プロデュース契約』に値するものも無く、もっぱら『アレンジャー』に括られていた様に思う。

プロデューサーとしての初仕事は『P-MODEL』のデビューシングル「美術館で会った人だろ」とアルバム「IN A MODEL ROOM」。
1979 ~ 80年、テクノ御三家と言われたのが『ヒカシュー』『PLASTICS』そして『P-MODEL』。
記憶によると、P-MODELは当時ヒカシュー・プラスティックスより少し遅れたスタートだった様に思うが、レコードデビューは多分一番早かったかも知れない。ヒカシューがどうだったかわからないが、少なくともプラスティックスよりは一足先だった。

確か1979年初頭、渋谷屋根裏でのプラスティックス・ライブ終演後片付けをしていると後ろから青年に話しかけられた。
「P-MODELと言うバンドをやっている平沢と言います。バンドをプロデュースしていただけないでしょうか?」と1本のカセットテープを手渡された。曲名は「美術館で会った人だろ」。
聡明そうな好青年と言う第一印象だった。

その夜早速テープを聴いてみた。明らかにニューウェーブからテクノへの当時のニオイを感じさせつつ、もっと奥深い暴力的なロック衝動が感じられた。そして当時のそのシーンとしては珍しく(!?)ギターとボーカルが巧い!!曲もとてもオリジナルで強く印象に残った。

それから数ヶ月後、ワーナーブラザースから連絡が入った。
「今度ウチでP-MODELと言うバンドをやるんですが、プロデュースしていただけないでしょうか?」
すぐに詳しい話しを聞きに行き、即答で了承。

短期間の間に池袋にあった「サンライズ・スタジオ」と言う小さなスタジオでレコーディングを始めた。
まずシングル「美術館で会った人だろ」を完成させ、続いてアルバム。結構大変な作業だった。途中平沢君と何度か意見をぶつけ合いながら。スタジオの後にミーティングが続いた。


そんな初プロデュースから30年。
その間に関わったアーティスト数、おそらく134アーティスト!(ギネスに申請できるかな?)
すでに亡くなってしまった方もいるけれど、どれも思い出深いレコーディングだった。本当にたくさんの素晴らしい人達と出会えて素敵な体験ができた。

思い返せば恵まれた音楽人生。

プロデュース初作品『IN A MODEL ROOM』--- P-MODEL, Aug.1979
b340c417.jpg


最新作『SAY YOUR DREAM』--- GLAY, Mar.2009
51-nennk3fL._SL500_AA240_.jpg

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 30th anniv..

TrackBack URL for this entry: http://masahidesakuma.net/movabletype/cgi-bin/mt-tb.cgi/19

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by masahide sakuma published on February 25, 2009 10:00 AM.

top runner was the previous entry in this blog.

unsuspected rehearsal #2 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01